メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

16年、シリア内戦と「イスラム国」の行方(下)

悲劇の陰で肥大するISに米欧はどう対処する?

川上泰徳 中東ジャーナリスト

IS空爆に全力、内戦の悲劇は二の次

 「イスラム国(IS)」の問題はシリア内戦の一部ではあるが、欧米や日本にとっては、IS絡みで起こるテロが大きな関心事である。

 今年も1月7日、リビア東部の警察訓練センターに爆弾を積んだトラックが突っ込み65人が死んだテロ事件で、ISが犯行声明を出した。

 欧米は、2015年11月のパリ同時多発テロ事件の後、新たなテロ発生が起こるのではないかと戦々恐々としている。

 世界の関心はシリア停戦やシリア和平の行方よりも、ISに注がれている。

過激派組織「イスラム国」(IS)の旗を掲げてパレードするイスラム戦闘員=ロイター拡大過激派組織「イスラム国」(IS)の旗を掲げてパレードするイスラム戦闘員=ロイター
 その結果、米欧はIS空爆に全力を挙げているが、4年半で25万人が死に、420万人以上の難民が出ているシリア内戦の悲劇への対応は二の次になっている。

 この原稿の(上)で書いたように、2015年の反体制派地域で、民間人の死者1万6425人のうち、その8割の死者は、政権軍の空爆や砲撃などの攻撃と、ロシア軍の空爆によるものであり、ISによる死者は9%に過ぎない。

 それにもかかわらず、欧米はアサド政権やロシア軍の攻撃を止めようと真剣になっているようには見えない。

争いの陰で肥大化してきたIS

 ISはイラク戦争以来、争いの陰で肥大してきた。それも戦争で痛めつけられるスンニ派の怒りを吸収するように大きくなってきた。 ・・・ログインして読む
(残り:約3822文字/本文:約4437文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

川上泰徳

川上泰徳(かわかみ・やすのり) 中東ジャーナリスト

長崎県生まれ。1981年、朝日新聞入社。学芸部を経て、エルサレム支局長、中東アフリカ総局長、編集委員、論説委員、機動特派員などを歴任。2014年秋、2度目の中東アフリカ総局長を終え、2015年1月に退職し、フリーのジャーナリストに。元Asahi中東マガジン編集人。2002年、中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『イラク零年――朝日新聞特派員の報告』(朝日新聞社)、『現地発 エジプト革命――中東民主化のゆくえ』(岩波ブックレット)、『イスラムを生きる人びと――伝統と「革命」のあいだで』(岩波書店)、『中東の現場を歩く――激動20年の取材のディテール』(合同出版)、最新刊に『「イスラム国」はテロの元凶ではない――グローバル・ジハードという幻想』(集英社新書)。

川上泰徳の記事

もっと見る