メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[7]「パパ」ヘミングウェーが息づく土地

伊藤千尋 フリー・ジャーナリスト

 ハバナから車で東の海岸を目指すと、ほんの20分足らずでサンフランシスコ・デ・パウラだ。白亜の平屋建ての邸宅が立つ。米国のノーベル賞作家アーネスト・ヘミングウェーが住んでいた家が、そのままヘミングウェー博物館となっている。

 今は屋敷の中には入れず、外を巡りながら開け放たれた窓を通して内部を見るだけだ。あたりは海外からの観光客だらけで、窓に近寄ることさえ難しい。だが、今ほど観光客が多くなかったころは、館の中に入ることができた。

 玄関を入ると細長い居間だ。ソファやテーブルが置いてあり、壁にはアフリカの狩猟で仕留めたインパラやバッファローなどの剥製が飾ってある。スペインの闘牛のポスターや油絵などが貼ってある。

 その奥は寝室だ。大きなダブルベッドがあり、壁際の本棚の上には分厚い紳士録にのせた黒いタイプライターが置いてある。ヘミングウェーはひざが悪かったため、立ったままタイプライターで作品を書いた。疲れると傍らのベッドに横になったのだ。

『老人と海』のモデル 

 この邸宅に住み始めたのは第2次大戦中の1939年だ。このタイプを使って最初に書いたのが『誰がために鐘は鳴る』である。さらに奥には書斎やダイニング、客用の寝室などがある。どの部屋も書棚はおびただしい本で埋まっている。トイレの中にさえ3段の本棚がある。9000冊あるという。

 内部を見られないのが残念だが、そこはキューバだ。融通が利く。

 中にいる見張りの女性が私のカメラを指さしてウインクした。 ・・・ログインして読む
(残り:約1382文字/本文:約2015文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤千尋

伊藤千尋(いとう・ちひろ) フリー・ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ支局長(欧州特派員)、ロサンゼルス支局長(米州特派員)を歴任、be編集部を最後に2014年9月、退職しフリー・ジャーナリストに。NGO「コスタリカ平和の会」共同代表。著書に『地球を活かすー市民が創る自然エネルギー』『活憲の時代』『変革の時代』『ゲバラの夢、熱き中南米』(以上、シネフロント社)、『一人の声が世界を変えた』『辺境を旅ゆけば日本が見えた』(以上、新日本出版社)、『世界一周 元気な市民力』(大月書店)、『反米大陸』(集英社新書)、『観光コースでないベトナム』(高文研)、『闘う新聞ーハンギョレの12年』(岩波ブックレット)、『燃える中南米』(岩波新書)など。

伊藤千尋の記事

もっと見る