メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大統領へのノーベル平和賞はコロンビア和平を救う

最も平和に貢献した平和賞に?

伊藤千尋 フリー・ジャーナリスト

妖しいものが集まった魔の地

 なければないでかまわないが、あれば人の心をかき乱す。そんな妖しいものが集まった魔の地が南米コロンビアだ。緑の宝石エメラルド、あでやかな蘭のカトレヤ、コクのあるコーヒーと華やかな美女、そして麻薬のコカイン……。

 蠱惑的なものがこれほどそろっていれば、人は幻惑される。夢と現実が織りなすガルシア・マルケスの作品が生まれたのも、この風土だからこそだ。

 現実の政治も小説さながらだ。大土地支配を続けようとする旧勢力、米国流の新自由主義を狙う新勢力、さらに政権を奪おうとする左翼ゲリラが絡んだ。それも世界のゲリラのオンパレードのように。

ノーベル平和賞を受賞したコロンビアのサントス大統領=ロイター拡大ノーベル平和賞を受賞したコロンビアのサントス大統領=ロイター
 今年度のノーベル平和賞を受賞するフアン・マヌエル・サントス大統領(65)は、半世紀にわたる内戦を終わらせようと夢見た。ゲリラ側と4年をかけた粘り強い交渉の末に、ついに和平合意を得た。

 それもつかの間、やらなくてもいい国民投票をして、過半数が合意の内容に反対という結果を招いた。和平は頓挫したかに見えた。

 窮地を救ったのがノーベル平和賞だ。 ・・・ログインして読む
(残り:約2192文字/本文:約2660文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

伊藤千尋

伊藤千尋(いとう・ちひろ) フリー・ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ支局長(欧州特派員)、ロサンゼルス支局長(米州特派員)を歴任、be編集部を最後に2014年9月、退職しフリー・ジャーナリストに。NGO「コスタリカ平和の会」共同代表。著書に『地球を活かすー市民が創る自然エネルギー』『活憲の時代』『変革の時代』『ゲバラの夢、熱き中南米』(以上、シネフロント社)、『一人の声が世界を変えた』『辺境を旅ゆけば日本が見えた』(以上、新日本出版社)、『世界一周 元気な市民力』(大月書店)、『反米大陸』(集英社新書)、『観光コースでないベトナム』(高文研)、『闘う新聞ーハンギョレの12年』(岩波ブックレット)、『燃える中南米』(岩波新書)など。

伊藤千尋の記事

もっと見る