メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

飛行ルートはまさにシルクロードの上空

 シルクロードの旅で乗り込んだのはウズベキスタン国営航空の直行便だ。週に2便ある。東京からウズベキスタンの首都タシケントまで6030キロ。成田空港を午前11時5分に出発して、午後4時35分には目的地に着く。

拡大
 とはいえ時差が4時間あるので飛行時間は9時間半もある。機中は寝たいところだが、寝るわけにはいかない。飛行機の航路はそのままシルクロードの上空に重なる。昼間の飛行だから、うまくすれば上空からシルクロードを眺めることができるかもしれない。

 成田空港を飛び立ったボーイング767型機は富士山の北から日本アルプスを北上して富山湾に抜け、日本海の岸に沿って西南に飛んだ。

 進路を変えたのは島根県の宍道湖を過ぎたところだ。ここから日本海上空に突入した。北緯35度を真西に飛ぶ。そのまま行けば中国の西安の上空だ。かつて唐の時代にシルクロードの東の起点だった長安である。飛行ルートはまさにシルクロードの上空をなぞっている。

上空から見た蛇行する黄河拡大上空から見た蛇行する黄河=撮影・筆者
 中国大陸をぐんぐん奥深く進入する。眼下の大地は真っ平らだ。一面、見渡す限り水田が広がる。その上を1枚の幅広い布がたなびくように、曲がりくねった茶色の大河が流れる。黄河だ。

 いくつもの支流を飲み込みながら大きく蛇行する。航路表示は、目的地まであと3548キロを示す。同じような風景が延々と続き、しだいに緑は絶えていった。

玄奘が歩いたルートを目にしながら

 離陸からちょうど4時間。地面は赤茶けた黄土色になった。ゴビ砂漠だ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1479文字/本文:約2124文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤千尋

伊藤千尋(いとう・ちひろ) フリー・ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ支局長(欧州特派員)、ロサンゼルス支局長(米州特派員)を歴任、be編集部を最後に2014年9月、退職しフリー・ジャーナリストに。NGO「コスタリカ平和の会」共同代表。著書に『地球を活かすー市民が創る自然エネルギー』『活憲の時代』『変革の時代』『ゲバラの夢、熱き中南米』(以上、シネフロント社)、『一人の声が世界を変えた』『辺境を旅ゆけば日本が見えた』(以上、新日本出版社)、『世界一周 元気な市民力』(大月書店)、『反米大陸』(集英社新書)、『観光コースでないベトナム』(高文研)、『闘う新聞ーハンギョレの12年』(岩波ブックレット)、『燃える中南米』(岩波新書)など。

伊藤千尋の記事

もっと見る