メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

暑いのではない。熱いのだ!

東京五輪まであと2年。日本社会は「猛暑」に踊らされ続ける

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大合図に合わせて一斉に打ち水をする人たち=2018年8月5日、東京・銀座

ジャカルタより「暑い」!

 赤道直下に近いインドネシア・ジャカルタで7月末の約1週間を過ごした。

 スカルノ・ハッタ国際空港に降り立った瞬間、「あれ? 全然暑くないぞ」。街を歩いても、汗はうっすらにじむが噴き出したりはしない。東京の猛暑を経験して体に耐性ができたせいだろうか、と考えながら快適に過ごした。

 羽田に戻ってきたとたん、汗でシャツがにじみ、めまいがしてきた。頭のてっぺんから刺されるような日光と、足元からも横から襲ってくるモワっとした暖気は何だろう。

 改めてこの間の気温を調べてみた。ジャカルタは連日、最低気温が21度ぐらい。最高31~32度だった。かつての東京の夏並みだ。いずれも最近の東京より最低気温で4度、最高で3度以上低かった。

 今の東京は一日中、未明でも気温があまり下がらないこと、午後は場所によっては40度以上になるなど、飛び抜けて暑い地点があるのが特徴だ。

 さらに、日本の都会は道路のアスファルトに熱がこもっていて、足の裏にまで不快な暑苦しさが伝わってくる。最近、台湾やソウルに旅行してきた知人も「東京の暑さより、よっぽどましだった。東京の暑さはなんなんだ」と言っていた。

台風・洪水・地震・「猛暑」

 天気というのは、政治や経済と違って誰でも云々することができる共通の話題だ。個人の感想も違う。それを前提にしたうえで、ここ数年で3つの「常識」が崩れ去ったと自分なりに整理している。

 まず、北緯35度の東京に比べて、ジャカルタや台湾が南方にあるから暑いに決まっているとか、北京やソウルは大陸性気候だから海洋性に比べて暑いだろうとか、昔からの地学的な常識が通じなくなってしまった。日本の気候の最大の特徴・美点ともいえた「四季折々」は、気づかないうちに酷夏と厳冬の「二季」になってしまっている。うちわで仰いでも熱風が押し寄せるだけ。風物詩である風鈴の「チリンチリン」さえ、風情どころか暑苦しさが増すように感じる。

 次に、猛暑は今年だけではない。もうざっと10年も「異常気象」が続いている。毎年のように「異常」と言っている。異常が続けば、もはやそれが「普通」とみなさなければならない。「異常気象」という言葉を使い続けることこそおかしい。

 最後に、これは「天気」「気象」「お天道様」の問題なのだという常識が崩れたことだ。7月23日、気象庁が臨時記者会見を開き、予報官が「命の危険がある暑さ。一つの災害と認識している」と初めて「災害」とみなしたことが象徴している。

 今年の「炎暑」の恐ろしさを物語るだけでなく、地震や水害といった自然災害に対しては心の備えがあったとしても、暑さについてこれまで自然災害という認識はなかった。暑さというのは、時候の挨拶の道具とか運、不運ではなく、もはや「台風が来る」「洪水になりそう」、あるいは大地震と同義に近い時代になったということだ。

 その3つの常識が崩れたことが明白になったのが、私にとっては今年だった。焼けるような暑さや、体を持って行かれるような突風を今年初めて経験したからだろう。ただ、私も社会も、もっと早く常識の転覆に気づくべきだった。

五輪誘致で忘れられた「暑さ」


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る