メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

平野啓一郎から、リベラルメディアへ

未来は不確定で将来不安は膨らむ。保守化する社会へ向けて、何をどう発信するのか。

WEBRONZA編集部

*この記事は8月21日付朝日新聞オピニオン面に掲載された小説家の平野啓一郎さんのインタビュー記事「妙な両論併記は幻滅招く」の詳報です。

拡大

平野啓一郎(ひらの・けいいちろう) 小説家。1975年生まれ。京大在学中に「日蝕」で芥川賞。近著に「マチネの終わりに」。9月28日刊行の「ある男」を「文学界」に発表し、ウェブでも先行公開中。ツイッターで政治的発信もしている。

未来の見えない時代

 今の日本社会の根幹にあるのは将来不安です。

 先行きが明るくないことを、ほとんどの人が感じている。東京五輪への期待だけでなんとかやっていますが、その後は心許ない。自然災害は不安だし、グローバル経済にどう巻き込まれていくかも心配です。

 何しろ、テクノロジーの進化が速すぎて、予測がつかない。それは必ずしも悪いことではないはずだけど、わからないというのが不安になっています。AIで仕事がなくなるというのは、その典型でしょう。どんなイノベーションが起きて生活がどう変わるのか、誰もわかりません。

 2008年ごろ、いまの時代を正確に予言できた人はいません。2000年ごろに携帯電話がここまで進化することは誰も予測できませんでした。10年後、20年後の未来は不確定です。

 私たちはそういう時代を生きています。

 ひとつの職業についたら一生安泰というモデルは崩れました。副業も含めていろんなことをしながら、今はこれがうまくいっている、うまくいかなくなったら他のことをいろいろやって食いつないでいくというように、自分自身を複数のプロジェクトにして同時進行にしていく形でしか、人生のリスクヘッジはできないでしょう。

保守化する社会

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!