メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

バカンスは「権利」ではなく「義務」

「バカンス天国」フランス。国際式典を欠席したマクロン大統領への批判も一部どまり

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

観光船が行き来するセーヌ川。夏になると外国人観光客でいっぱいに=2018年7月2日。拡大観光船が行き来するセーヌ川。夏になると外国人観光客でいっぱいに=2018年7月2日

パリを脱出するフランス人

 8月のパリは、フランス人がこぞってバカンスに出発する。5週間の有給休暇は、実は「権利」ではなく「義務」。消化しないと労働省から厳しいお咎(とがめ)めがくるからだ。かわってパリの街を闊歩(かっぽ)するのは、世界中からやってくる観光客たちだ。

 日本だけではなく、今夏はフランスも全土が酷暑に見舞われ、パリでも37度を記録。石造りのフランスのアパートは外からの暑気を避けるために窓を閉めるので、観光客が足を踏み入れない住宅街などは、人の気配がまったくしなくなる。

アミアンの記念式典に欠席したマクロン

 「外交的失敗」。8月8日にフランス北中部にあるアミアンのノートルダム大寺院でおこなわれた「アミアンの戦闘100周年記念式典」に欠席したマクロン大統領とフィリップ首相に対し、一部の関係者からそんな批判の声があがった。

 第1次世界大戦中の1918年8月8日は、連合軍が同地での戦闘で初めてドイツ軍に優勢になった画期的な日。まさに、大戦の勝利をおさめるきっかけになった記念すべき日である。ウイリアム王子とメイ首相が出席したイギリスをはじめ、連合軍側のアメリカ、オーストラリア、カナダの駐仏大使ら、敗戦国ドイツからもガウク前大統領が出席し、約3200人が参加して盛大な式典がおこなわれた。

 ところが、フランスからは、パルリ軍事相が在郷軍人閣外相とともに出席しただけ。大統領も首相もバカンス中で欠席した。アミアンはマクロン大統領の生地にもかかわらずだ。

お手本を示す大統領や政府

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る