メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

党よりも個人。「政策政党」の実情

「杉田LGBT寄稿問題」への対応に見る自民党の本質(下)

佐藤信 東京大学先端科学技術研究センター助教

衆院本会議に臨む自民党の杉田水脈衆院議員(中央)=2018年5月25日拡大衆院本会議に臨む自民党の杉田水脈衆院議員(中央)=2018年5月25日

自民党内で圧倒的な安倍総裁の権力

 「『政策政党』という夢と実情 『杉田LGBT寄稿問題』への対応に見る自民党の本質(上)」の最後で、わたしたちは政党への「夢」ではなく、その「実情」を冷徹に見通す営為を始めなければならないのではないか、と書いた。そこにある「実情」とは、特定の個人やグループの政党に対する優位である。

 自民党における安倍晋三総裁の権力がいかに大きいものかはいまさら言うまでもない。昨年5月3日、それまでの自民党憲法改正草案とは別に突然打ち出された安倍首相の憲法草案が、党内での反対にもかかわらず、あれよあれよという間に自民党の方針になったことが何よりの証しであろう。

 官邸にはいま、ブレーンも、官邸官僚もいくらでもいる。そうした人士(じんし)の意見を吸い込んで、党内の合意形成過程をスキップできるほどまでに、現在の安倍総裁の力は圧倒的になっているといってよい。そのことは今回の「杉田LGBT寄稿問題」でも観察された。

党の幹事長が置いてきぼりに

自民党山口県連が主催する会で、「がんばろう三唱」をする安倍晋三首相(中央左)と妻の昭恵氏(同右)ら=2018年8月11日、山口市拡大自民党山口県連が主催する会で、「がんばろう三唱」をする安倍晋三首相(中央左)と妻の昭恵氏(同右)ら=2018年8月11日、山口市

 杉田議員自身の政見は忠実な安倍晋三支持であり、自民党に鞍(くら)替えして当選してからは、(安倍首相の出身母体たる)細田派に所属している。だから、その発言の余波は近づく総裁選にも及ぶかもしれない。

 とりわけ、党内の顕在的・潜在的対立候補と目される石破茂衆議院議員や小泉進次郎衆議院議員が批判するなかで、無言の擁護と看做(みな)されるのは不利だろう。そこで安倍首相は2日になって、杉田議員の名前を挙げずに、人権と多様性の擁護が政府与党の方針だと幕引きを図った。それは、自民党のウェブサイトの掲示の時期と方針と全く符合している。

 ところが、ここで注意したいのは、同日、韓国訪問中の二階幹事長が杉田議員や続く谷川とむ議員の言葉を念頭に、「この程度の発言」で「大げさに騒がないほうがいい」と発言したことである。外遊中とはいえ、自民党の要(かなめ)たる幹事長が置いてきぼりになっていた状況が浮き彫りになる。自民党がその方針について安倍首相を中心に回っていることが、はしなくも明らかにされたかたちである。

小泉進次郎という「ニュースター」の位置づけ

 

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤信

佐藤信(さとう・しん) 東京大学先端科学技術研究センター助教

1988年、奈良県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士後期課程中途退学。著書に『鈴木茂三郎 1893-1970』(藤原書店)、『60年代のリアル』(ミネルヴァ書房)、共編著に『政権交代を超えて』(岩波書店)がある。