メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

マクロン政権を襲った目玉大臣の電撃辞任

「大サプライズ」で就任したユロ環境連帯移行相は辞めるときもサプライズ!

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

涙目で「政府を去る決心をした」

閣議を終え、エリゼ宮を出るニコラ・ユロ環境連帯移行相。この約1週間後に電撃辞任した=2018年8月22日拡大閣議を終え、エリゼ宮を出るニコラ・ユロ環境連帯移行相。この約1週間後に電撃辞任した=2018年8月22日

 夏のバカンス明け、フランスのマクロン政権を襲ったのが、目玉閣僚、ニコラ・ユロ環境連帯移行相(63)の電撃的辞任だ。「自分自身にウソをつきたくない」と言って、辞任したユロには、主義主張とは別に、仏国民の84%が拍手喝采を送る。当然、辞任すべきなのに、大臣の椅子にべんべんとしがみ付いている、どこかの国の政治家には、是非、このユロの辞任の弁を聞いてほしい。

 ユロが「政府を去る決心をした」と涙目で辞任を発表したのは、8月28日朝のニュース専門ラジオ「フランス・アンフォ」の生放送に出演中だった。司会のジャーナリストが「本気ですか!?」と驚いて聞き返したほど、突然の表明。マクロン大統領やフィリップ首相に事前に告げると「慰留される可能性」があるからと、「礼を欠いている」ことを承知のうえで、「妻にも誰にも言わず」のサプライズ発表だった。

 辞任の直接の引き金は、その前日の夕方のエリゼ宮(大統領府)であった大統領との「狩猟の会」の会合だった。ユロはそもそも、動物愛護、環境保護の立場から狩猟には反対の立場だ。ところが、大統領が一般的に「金持ちの趣味」とみられている「狩猟」の免許証の価格を400ユーロ(約5万2千円)から半額の200ユーロへ引き下げることを承認。さらに、会合の席に、ユロに事前通知なく、「狩猟の会」のロビストとして知られる男が、得意満面で参加していた。メンツ丸つぶれのユロは顔面蒼白になってと言われる。

辞任の真の理由は原発問題?

 ただ、ユロの辞任の真の理由は、原発問題と言われている。

 フランスは「原発大国」で米国(104基)に次ぐ58基を有し、電力の75%を原発に依存している。だが、オランド前政権の時代には「2025年までに50%削減」を公約し、政権末期には独国境に近い仏中東のフェッサンエイムの最古の原発(2基)の閉鎖を後戻りできないように法律化した。

 ユロは大臣就任2カ月後の2017年7月10日の記者会見では、さらに一歩進めて、「2025年までに(58基のうちの古い年代の稼働の原発を)最大で17基を削減する」と言明した。(一部日本の報道では誤訳して17基まで削減すると報じたが、58基マイナス17基、すなわち、残り数41基まで削減)。もっとも、「17基」は最大限の数字で、実際問題としては「削減数は数基でおわる可能性もある」(仏記者)との指摘もあった。

 ところが、ユロの辞任を待っていたかのように、8月30日付けの経済紙「レゼコ―」が、原発削減どころか、政府は「第3世代の原発」と言われる「欧州加圧水型炉(EPR)」の原発6基の新設を視野に入れているとスッパ抜いた。ユロ自身とブルノ・ルメール経済相が春に依頼した専門家による原発に関する報告書が新設を激励したからだという。

 ユロ自身もこの夏、オフレコを条件に左派系日刊紙「リベラシオン」に「大統領と首相は何も理解していない」と嘆きながら、報告書が3基のEPRの建造を勧告していることを明らかにしたが、実際は3基どころか6基だったわけだ。同紙も辞任の翌日、このニュースを報じた。

 EPRは、独シーメンスと仏アレバが従来型の原発に代わる「新型原子炉」として1991年に計画をスタート。04年に仏北部ノルマンディー地方のフラマンビルを建設地に選定し、06年に工事をスタートさせたが、安全性の確認などで工事は遅れに遅れ、今のところ2025年に稼働開始、35年から電力を供給開始の予定だ。報告書は、ERP稼働と同時に、2025年には新たにERP1基の建設に着手し、6基に増やすことを奨励しているという。

 マクロン大統領がこの報告書の勧告に従うかどうかはまったく不明だが、ユロが辞任を決意するには十分すぎるほどの理由だ。

大臣としての成果は「かなりの成功」

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る