メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「自由の戦士」として戦う音楽家たち(下)

アメリカは死なない~レナード・バーンスタイン生誕100年に寄す

倉持麟太郎 弁護士

ハリウッドボウルで共演するオマラ・ポルトゥオンドとドゥダメル拡大ハリウッドボウルで共演するオマラ・ポルトゥオンドとドゥダメル

 「『自由の戦士』として戦う音楽家たち(上)」に引き続き、自由を求めて戦う音楽家たちの話を続ける。まずはロサンゼルス・フィルハーモニック(LAフィル)の音楽監督である若きベネズエラ人指揮者グスターボ・ドゥダメルから。

闘うドゥダメルのその後

 LAフィルは、「上」で触れたマイケル・ティルソン・トーマスが音楽監督を務めるサンフランシスコ交響楽団と並ぶ、アメリカン・オーケストラの西の横綱の一つだ。それを率いるドゥダメルの、祖国を巡る「自由の戦士」としての政治権力との闘いについては、かつて別稿で論じた(WEBRONZA「ベネズエラ人指揮者は『自由の戦士』として闘う」)。
 その後もドゥダメルは、ベネズエラのマドゥロ独裁政権との敵対関係の影響から、2017年秋に予定されていた音楽監督を務める祖国のシモン・ボリバル国立交響楽団とのアジアツアーがすべて中止に追い込まれるなど、政治権力との抜き差しならない関係が続いている。

 そんななか、レナード・バーンスタイン生誕100周年を愛でるタングルウッド音楽祭と時を同じくして、ロサンゼルスのハリウッドボウルでは毎年恒例の夏のコンサートプログラムが行われていた。目玉の一つが、ドゥダメル指揮LAフィルとキューバ国立バレエ団によるチャイコフスキーの「くるみ割り人形」である。

 冬の風物詩的な演目である「くるみ割り」を夏に、しかもヨーロッパの伝統的バレエ団ではなく、南米に思いを馳せるドゥダメルらしく、オバマ政権で2015年に国交回復をしたキューバのバレエ団を指名するあたりが、政治的な観点も含めた様々な文脈で「面白い」公演であった。

 しかし、この公演においても、政治権力はドゥダメルを放っておかない。

 トランプ政権下で、アメリカとキューバ間の渡航及び文化交流への締め付けが厳しくなり、“トランプ政権のビザ政策として”、渡米を予定していたキューバ国立バレエ団ダンサー全員のビザが却下され、本プログラムは強制的に中止せざるを得なくなったのである。

 夏のハリウッドボウルを彩るメインプログラムの一つが、実に政治的理由でキャンセルせざるを得ない事態に追い込まれたのだ。

 ここで一人の女性がこの窮地を救った。87歳の現役キューバ人歌手、オマラ・ポルトゥオンドである。

オマラ・ポルトゥオンドとイブライム

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

筆者

倉持麟太郎

倉持麟太郎(くらもち・りんたろう) 弁護士

1983年、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。弁護士法人Next代表弁護士・東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱うも、東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)等、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究。共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)。

倉持麟太郎の新着記事

もっと見る