メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

被災外国人たちの大阪北部地震(後編)

普段からマイノリティの人たちを包摂するコミュニティをつくる努力が必要だ

岩城あすか 箕面市立多文化交流センター 館長

拡大ガス安全装置の復旧作業(箕面市国際交流協会提供)
 発災5日目(6月22日)の夜、箕面市国際交流協会が夜間に開催している日本語教室で聞き取りをしたときのこと。市内のガスはすべて使用可能だったにもかかわらず、ベトナムからの技術者や技能実習生が、ガスメーターの「復旧ボタン」の存在を知らず、未だに電子レンジで調理をしたり、水風呂を浴びたりしていたことがわかった。

 技術者の方は日本語が読めるのだが、テレビのニュースで「(茨木市のガスは)26日までに復旧」というテロップを見て、箕面のことだと思ったそうだ。「26日を過ぎてもガスが来なかったら、協会に相談しようと思っていた。水でシャワーを浴びることはベトナムではそんなに珍しくない。暑い季節なので子どもも大丈夫だった」とのこと。

 早速英語とイラストで説明している大阪ガスのホームページを見せたが、1週間後、担当職員が復旧できたかを聞くと、技能実習生の2人だけは「まだ」と答え、周囲を驚かせた。「どこにガスメーターがあるのかわからない。またメーターなどの機器類を勝手に触ってよいかわからなかったから」と話していた。結局ボランティアさんと職員が家まで出向いて復旧させた。

 1週間ものあいだ、職場で誰にも話したり、相談したりしなかった、という状況に、私はかなりのショックを受けた。

 彼女たちの職場は縫製工場で、50人ほど地域のパートさんたちが働いているという。そのうち外国人スタッフは、この日本語教室に通う技能実習生2人のみ。普段同じ職場で長時間一緒に働いているにもかかわらず、これほど関係性が希薄なのは、どう考えても不自然ではないか。

 同じ職場や学校に外国籍住民がいる場合は、一言でも「地震で大丈夫だった? 何か困っていることはない?」と声をかけてほしいと心から思う。

一番効果的な情報伝達は、コミュニティの口コミ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

岩城あすか

岩城あすか(いわき・あすか) 箕面市立多文化交流センター 館長

大阪外国語大学でトルコ語を学んだ後、トルコ共和国イスタンブール大学(院)で学ぶため、1997年~2001年イスタンブールで過ごす。通訳やマスコミのコーディネーターをしながら、1999年におきた「トルコ北西部地震」の復興支援事業にもボランティアとして関わる。現在は(公財)箕面市国際交流協会で地域の国際化を促す様々な事業に取り組むほか、重度の障碍者のみで構成される劇団「態変」の発行する情報誌「イマージュ」の編集にも携わっている。

岩城あすかの記事

もっと見る