メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(1)

元ソウル特派員が伝授する魔法のメソッド。語学の常識を無視した究極の省エネ勉強法!

市川速水 朝日新聞編集委員

 話はちょっと変わりますが、韓流ブームが再燃するなかで、今その先頭を走るグループの一つは断然、「BTS(防弾少年団)」ですよね。

 日本での人気はもちろん、アメリカのビルボードで賞を獲ったり、あのジャスティン・ビーバーをしのぐツイッターアイコンとなって世界的に注目されています。メロディーの斬新さとキレのよいダンス・パフォーマンスは心地いいですよね。

 口笛から始まる名曲「DNA」は、1人の出会いが運命的な必然だったと切なく呼びかける歌ですが、この詞の一節でも分かったら楽しいと思いませんか?

 耳を澄ますと、繰り返し出てくる言葉がいくつかあります。お気づきでしょう。

 「ウヨニ」「ヨンウォニ」「ウジュガ」「ウンミョン」

 これは、「偶然に」「永遠に」「宇宙が」「運命」という漢字をそのまま韓国の読み方で読んでいるのです。

 どうしてそうなのかは、おいおい説明しますが、もう4つの言葉を覚えてしまったことになります。一つひとつの発音がどことなく日本語と似ていますよね。特に宇宙の「宇」、運命の「運」は日本語と同じです。また助詞も「偶然に」「永遠に」の「に」、「宇宙が」の「が」が一緒なんです。

 韓国語を聞いていて、たまに日本語っぽい響きがするなあ、と思ったことがあると思います。でもそれ以上知ろうと思うと「語学」「外国語」の世界に足を踏み入れてしまうから、何となくそれでおしまい、ではないですか?

 ここでは「なぜ似ているのか」「どこが違うのか」「似てる、違うに法則のようなものはないのか」と、日本語、日本人の発想からアプローチしてみることにします。

 基本文型? てにをは? 文法? すべて後回しにしましょう。

 とりあえず「通じれば、まあいいじゃん」と恥を忘れてある程度は覚え、体で感じましょう。それができるのが韓国語なのです。

実はそれほど韓国語が得意ではありません…

 講座というのもレッスンというのもおこがましいのですが、韓国語の世界を味わう。あるいは日本語と韓国語の似た点、違う点を楽しみ尽くすことが、これから始めようとしていることです。

拡大韓国語を流暢に操り韓国大統領と対談もしたことがある草彅剛
 のっけから期待に背きますが、私自身は韓国語が得意かと聞かれれば「それほどでも…」と答えるしかありません。7カ月留学し、その後ソウル特派員として勤務したのが3年8カ月間。ソウル駐在中はオフィスで日本語を禁止してもらい、取材もなるべく韓国語を使い、帰国後は細々と話す機会を狙っています。在日コリアン、来日の駐在ビジネスマンの友人がたくさんいるので、話をする機会には事欠きません。

 実力的には新聞は読める、ニュースもだいたい聞ける。日常的な会話もできる。だけど友達同士の会話やヤクザ映画のせりふ、釜山訛りなどは苦手です。

 では、どうしてこんなコーナーを開こうかと思ったかというと、韓国語とふれあうにつれ、いかに日本語に近いか、覚えるのが簡単か、話せて読める楽しみがこんなにあるのか、気づいたことが多いからです。自分ひとりで独占するのはもったいないと思うようになりました。

 韓国に少しでも関心を持っている友人に「実は簡単だ」と自分の勉強法を話すと、びっくりして感心してくれます。そのうちに、講義でもしたら、本にしたら…と勧めてくれる人がいて、それならば整理してみようかと決心したわけです。

日本語と韓国語は東京弁と関西弁くらいの違い!?

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

市川速水の記事

もっと見る