メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[35]韓国・済州島でイエメン難民を助ける人々

伊東順子 フリーライター・翻訳業

「開かれた移民行政、一つの大韓民国」と記された済州出入国・外国人庁に入るイエメン出身者=済州島拡大「開かれた移民行政、一つの大韓民国」と記された済州出入国・外国人庁に入るイエメン出身者=撮影・朝日新聞社

当初は難民とは知らなかった――ホテルのオーナー

 「戦争が終わったら、イエメンに招待すると言われています。その時は2年ぐらいの休暇をとってくださいと。みんなの家に1週間ずつ泊まっても、おそらく2年以上かかるというから」

 オーレホテルの社長であるキム・ウジュンさんは、そう言って愉快そうに笑った。済州島のイエメン難民にとって第一の恩人、キムさんは難民たちに部屋を安く提供し、また宗教的な理由で食事に困る彼らに、ハラル料理を作れるよう食堂と厨房を開放した。一時期は160名もの難民がこのホテルに滞在していたという。今は多くがホテルを離れ、それぞれの宿所を得たが、食堂は韓国語教室として使われている。私がチェックインをした時もちょうど授業の時間だった。

 「覗いてきたらいいですよ。みんな集まっている」

 そう言われて、食堂に降りていったら、「アンニョンハセヨ」と韓国語で挨拶された。「今日の先生」と間違えられたようだ。難民たちの韓国語教室はボランティアで行われており、島民が交代で先生になる。私もその一人と思われたのだ。本当の先生を待つ間、彼らと話をした。韓国語は習い始めたばかりで全く駄目だというが、英語はみんな流暢だった。

 「彼らはもともと豊かな暮らしをしていたようです。最初にここに来た時も、100ドル札をいっぱい持っていて、毎日毎日、現金で精算してくれる。リッチなお客さんだと思っていました」

 キム社長は当初、彼らが難民であることを知らなかったという。「金回りのいい中東の観光客」――韓国ではそのカテゴリーは歴史的に存在してきた。ところが、日に日に人数が増えていく。

 「おかしいなと思ってインターネットで検索したら、『イエメン難民が済州島に』という記事が載っていた。あー、この人達だと、自分の眼の前の人々を見ながらびっくりしたのです」

 今、済州島の難民問題には、人権運動家や宗教団体のボランティアなど様々な「活動家」がかかわっているが、キム社長はそういうタイプの人ではない。当初は上客だと思って揉み手で接していた相手が実は難民だった。そのうちに、どんどん増えていって、中にはお金のない人もいて、なんとか助けてくれという。さらに食べられるものがなくて困っているという。放っておけなかった。

 「話を聞いてみたら、気の毒なんですよ。我々と北朝鮮のようなはっきりとしたイデオロギー対立があるわけでもなく、若者たちは戦場に連れて行かれる。内戦下のイエメンにいる以上、兵隊になって自国民と戦わなければならい。難民は命からがら逃げてきた人々です。済州島にもそんなことがあったから、彼らの立場はとてもよくわかります」

 社長は「サーサム(4・3)」という言葉を出した。 1948年、米軍政下の済州島では、軍と警察が島民を共産主義者とみなして虐殺する「4・3事件」が起きた。3万人にものぼるといわれる犠牲者のほとんどは、思想的な背景などない無辜の民だった。

 「あの時、我々も難民となって日本に逃れたのです。済州の人間は誰もが、親族に犠牲者や難民を抱えています」

済州島がもつ特別な事情

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

伊東順子

伊東順子(いとう・じゅんこ) フリーライター・翻訳業

愛知県豊橋市生まれ。1990年に渡韓。著書に『もう日本を気にしなくなった韓国人』(洋泉社新書y)、『ピビンバの国の女性たち』(講談社文庫)等。

伊東順子の記事

もっと見る