メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

樹木希林さん拡大樹木希林さん=2018年3月

9月11日(火) ピョンヤン最後の一日。朝飯をとりに3階に降りる。食堂は閑散としていてモンゴル人とロシア人のお客が数人いただけ。何だか昔のソ連を思い出した。食料が決して豊かではない中で、それでもビュッフェ形式で必死に接客を維持しているので、何か申し訳ないような気持ちでいただく。1階のロビーに降りたら今回のピョンヤン滞在中に何度か一緒になったイギリス貴族院議員で労働党のデイヴィッドソン夫妻と出くわす。彼らも今日の便でピョンヤンを離れるという。「僕が大好きなあなたの国の映画監督ケン・ローチが、ここピョンヤンでの一連の国家行事をみたら何と言うでしょうかね」と言ったら大笑いしていた。

 7時50分にバゲージをとりにホテルのボーイが来た。ホテルを出発して空港へ。何から何までまたもやドタバタ。車椅子のアントニオ猪木議員は本当に移動が大変だった。けれども終始誠実に動いていた。北京空港でまたもや在北京のメディアが猪木議員めざして殺到してきた。車椅子なので思うように避けることもできない。空港の別ターミナルで荷物を抱えたまま大移動。へとへとになる。

北朝鮮から戻り、北京の空港で取材に答えるアントニオ猪木参院議員=2018年9月11日拡大北朝鮮から戻り、北京の空港で取材に答えるアントニオ猪木参院議員=2018年9月11日

 そこでまた何ということか、携帯電話が「SIMなし」の状態になっていることに気づく。ピョンヤン現地で携帯電話を借りた時に、SIMカードを替えようとしていじられた時に何かあったか。まいった。がっくり。携帯に記憶してあったすべての記録がパーになってしまったか。あまりのショックに何もする気がなくなった。

 北京空港からの離陸が1時間以上遅れて、午後8時半に羽田着。最後の最後まで拷問攻めにあったような今回の北朝鮮行きであった。羽田空港では記者会見場所が設営されていた。僕は大量の荷物運びをお手伝いするために猪木議員と行動をともにしていたが、会見には距離を置いていた。どこかの記者が「金平さんはどういう資格で同行したのか」云々とか質問していたという。その後、久しぶりに帰宅する。一旦、こころをリセットする。「SIMなし」にまいった。どこにも電話できない。やれやれ。

バカ、バカ、バカと殴打したい気分

9月12日(水) NHKの「あさイチ」に安室奈美恵インタビューが流れている。もちろん沖縄への思いなど「政治色」は一切抜きだけど。銀行などに行って換金などの手続き。久しぶりにプールで泳ぐ。泳がずにはいられないほどのストレスがたまっている。

 13時からワシントン在住のIさんとランチ。セリーナ・ウィリアムズと大坂なおみの全米オープン決勝戦のアメリカでの反応について聞く。気がついてみると、携帯電話が「SIMなし」と「圏外」と「通話できる状態」を間歇的に繰り返しているではないか。一体どうなっているのか。まいった。

 午後、クレジットカードやキャッシュカードが入った財布が見当たらない。ええっ? またやってしまったか! 今日はクレジットカードを使った覚えがない。最後に使ったのは、北京から羽田へ向かう機内でWi-Fiを接続した時だったように記憶している。念のため家に見当たらないか家人に電話で尋ねたが「ない」ときっぱり言われた。まいった。あわてて、クレジットカードやキャッシュカードを止めに電話しまくる。自己嫌悪のかたまり。現金とカード類を分けて持っていたのは、これまでの複数回の紛失経験からの教訓だったのだが……。それで念のため、きのう乗った全日空の遺失物係に電話で照会したら、何と「ありました」とあっけなく言われる。ええっ? カード類を全部ストップした後なので、当面は再発行まで全てのカードは使えないことになり果てた。バカ、バカ、バカと自分の頭を殴打したい気分。携帯はドコモショップでSIMを一旦外し入れ直してもらったら、直った! バカ、バカ、バカと携帯を殴打したい気分。こんなもんに振り回されて、一日まるまる棒にふるような生活なんかほんとは変だ。極私的ブラックアウト状態か。

 那覇在住のWさんと沖縄県知事選挙情勢について話すが、玉城デニー陣営には選挙戦術のプランナーがいるのか、いないのか。自民党や公明党は選挙マシーンと化しているという認識が薄いと思う。夕刊フジやら週刊新潮が、ピョンヤン取材に行ったことを嗅ぎまわっているとか。あらゆるチャンネルを使って直接、現場に取材に出かけて、自分の目で見て、直接相手と話をするのは取材者の鉄則だ。

筑紫さんと浜尾さんのよく思い出す光景

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る