メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(5)

第2章 ハングルは怖くない 1.暗号のような丸や棒は「舌」「口」の形

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大今のハングルの元になった訓民正音=ソウル市の世宗大王記念館

ハングルは中国語や日本語よりはるかに単純です!

 さあ、いよいよ最初のヤマ場、ハングルです。これなしでは韓国語の理解は不可能ですね。暗号か? はたまた記号か? モールス信号? いろいろな形に見える人がいるでしょう。

 まずご安心ください。ハングルは元々、象形文字に由来する中国の漢字を使わずに、画数の比較的少ない、農民でも貧しい人でも教育をそれほど受けていない人も読み書きできるようにしようと「発明」「開発」されたものです。そもそもが、漢字ばかりの中国語や、漢字・ひらがな・カタカナを併用する日本語より、はるかに単純だというコンセプトをまず頭に入れてください。

 日本語を母語とする人は、ついつい日本語の文字や発音と比べてしまいますね。自分でどんどん心配のタネを増やしてしまいます。

「韓国語は母音がたくさんあるらしいですね」
「子音も多いんだって」
「1文字が3つ4つの部品でできていて複雑そう」

 でも、日本語の発音はいくつあるかご存じですか? ひらがなは「五十音」といいますね。本当は少し足りないのですが、なぜ50というのでしょう。私は改めて調べてみて、今さらながらなぜ50というのかを知りました。今は45+「ん」なのですね。では「ん」は五十音に入るのかどうか、それは…おっと、横道にそれました。

 では日本語の発音は50だけなのでしょうか。「じゃ」とか「っ」とか「にゃ」とか、たくさんあります。一説には100以上あるそうです。さらに漢字があり外来語があり、時々「ヴ」みたいなものもあり、最近は「ア」に濁点が付いていたりして大変です。

 それに比べれば韓国語の発音など少ない方です。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る