メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
9月19日(水) 成田発の便でウィーンへ。小森陽一さんと同行旅行者たちとの小さな旅だ。仕事でお世話になっているかもがわ出版のMさんからのご提案があったのはもう数か月も前のこと。いろいろと考えた末にお引き受けしていた。成田発13時30分。その前に小森さんと短い鼎談。この旅行記を出版する計画があるので。旅の同行者は23人。その多くは小森さんファンではないかと思う。満席の機内で映画を2本見る。『クワイエット・プレイス』と、邦画『勝手にふるえてろ』。どちらも面白い。11時間20分のフライト。結局眠れず。どんな旅になるのやら。

9月20日(木) ウィーンのホテルで朝早く目が覚める。時差ボケだ。仕方なくそのまま起きている。朝食を一番で済ませる。どうやらこのホテルは日本人と中国人の団体観光客御用達のホテルのようだ。朝6時半からの朝食会場の客はほとんどが日本人と中国人観光客だった(自分も含めて)。沖縄・那覇のビジネスホテルの朝食会場の大多数が中国人観光客だった記憶がなぜかよみがえってきた。

 時差の関係でこちら時間の朝7時から始まった日本の自民党総裁選挙の模様をネットでみた。党員票では石破茂議員が健闘していた。つまり、自民党員の本音では、安倍総裁にもううんざりしているのではないか。まあ、それにしてもあと3年もこの政権が続くのか。

 ウィーン市内の観光。シェーンブルン宮殿、ホーフブルク宮殿。ヨーロッパにおけるハプスブルク家の壮大な歴史の一端に触れるコース。王宮と富。女帝マリア・テレジアやその娘マリー・アントワネット妃の数奇な運命。さらにくだって暗殺されたエリザベート妃ら、640年のハプスブルク家の治世の大河ドラマでも見せつけられているような気分になった。そしてこの圧倒的な権力と富の収奪。でもこのハプスブルク家の歴史を知らなければ、1968年のソ連のプラハ侵攻の際の市民の抵抗の深層にあるものはわからないのではないか。

加藤周一氏=1992年拡大加藤周一=1992年
 加藤周一氏は、あの時、オーストリアのザルツブルクでオペラを楽しんでいたが、朝、ウィーンの自宅のテレビでみた「ソ連軍が私たちの領土に侵入した。これを世界中に伝えて欲しい」というプラハからのドイツ語の秘密地下放送をみて、決然と車を陸路、5時間近く自分で運転してプラハへと向かったのだという。

 Sさんからいただいた加藤周一氏の生前最後のテレビ・インタビューの番組に、その時の地下放送の映像が紹介されている。白黒画面の ・・・ログインして読む
(残り:約2528文字/本文:約4065文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る