メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

立憲的改憲論に批判的な人たちへ

安倍改憲は阻止したいけど立憲的改憲論には批判的な人たちへ(上)

倉持麟太郎 弁護士

結党1年。立憲フェス会場内のフォトブースで写真におさまる立憲民主党の枝野幸男代表=2018年9月30日、東京都新宿区大久保拡大結党1年。立憲フェス会場内のフォトブースで写真におさまる立憲民主党の枝野幸男代表=2018年9月30日、東京都新宿区大久保

誰が誰よりどうだとか……

誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるのか
さあわれわれは一つになって 〔以下空白〕
(宮沢賢治『生徒諸君に寄せる』より)

 今年の5月3日、立憲民主党代表の枝野幸男議員が「僕は立憲的改憲論者ですから」と述べてから、憲法論議に「護憲」「改憲」のほかに「立憲的改憲」が加わった。翌日の全国紙の一面には“第三極”という表現も現れた。

 立憲的改憲論とは何か? 一言で言えば、リベラルな観点から、より多様で自由な領域を確保するために権力を統制していく改憲を、提案するものである。

 もちろん、これを歓迎する人々もいれば、眉を顰(ひそ)める人たちもいる。実際、立憲的改憲論にはこれまで、幾つも批判的な言説も寄せられている。だが、これらの批判的言説を見ると、安倍晋三首相が進めようとしている「安倍改憲」を批判する勢力における、内部分裂的様相を呈しており、決して生産的なものとは言い難い。

 近時邦訳が刊行された『リベラル再生宣言』(マーク・リラ[著] 駒村圭吾[解説] 夏目大[訳] 早川書房)で、コロンビア大学マーク・リラ教授は、リベラルな立場からリベラルの自己崩壊性を指摘している。リベラルの敵はトランプではなく、その内部の問題にある、というのである。

 本稿では、リラ教授の議論を紹介しながら、立憲的改憲への批判的言説を吟味しつつ、立憲的改憲のコンセプトを再点検する。さらに、立憲的改憲論の一番の標的である「安倍改憲」の問題点についても、あらためて整理したい。

 その底に流れる「主題」は、冒頭掲げた宮沢賢治の詩である。賢治は、中学生を前にして、「生徒諸君に寄せる」と題する詩を送っている。


筆者

倉持麟太郎

倉持麟太郎(くらもち・りんたろう) 弁護士

1983年、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。弁護士法人Next代表弁護士・東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱うも、東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)等、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究。共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)。

倉持麟太郎の記事

もっと見る