メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

思った事をすぐ口に出す韓国の「伸びしろ」

この国では「規則ですので何ともできかねます」とは言われない

藏重優姫 韓国舞踊講師、日本語講師

「なぜ日本語を勉強しているの?」と仁川大学日語日文学科の学生に聞いた

5歳で韓国に来た娘は「NO」と言える 

 NOと言える韓国と言えない日本。

 素直で情緒的な韓国と秩序と配慮の日本。

 日本と韓国、足して2で割ったらちょうど良いのに。ソウルで暮らしていて、そう思うことがよくあります。

 血統主義には反対ですが、日本人の父と在日コリアンの母の間に生まれた私は、まさに日本と韓国を足して2で割った存在です。でも、私の習性は、足して2で割ったようにはいかないようです。韓国の人から見ると、私の行動や考え方は「日本」そのものだそうで、私にこう言います。

 相手を気にしてすぐに自分の考えを言わないところが日本人らしい。

 先に状況や理由を説明するところが日本人らしい。

 私の上の子どもは5歳の時に韓国に来たのですが、はっきりとNOと言えます。それも怖いくらいに。

 韓国で「イヤ!」は「シロ(싫어)!」と言います。家に遊びに来ていた友達Sちゃんが「ねえ、次、これで遊ぼう~」「これ、私も貸して~」と言うのに対し、はっきり「シロ!」と拒む娘を見て、ギョッとしたことがあります。

 でも、大丈夫です。喧嘩にはなりません。韓国では「シロ」という言葉をはっきり言うものなんです。

 私ならそういう表現は出来ません。「う~ん、今、その遊びうるさくなるから、あとでしよう」とか、「う~ん、ちょっと…これ、大切にしてるから…」とか、当たり障りなく答えるでしょう。

 娘を観察していてさらに面白いことがあります。はっきりNOというのは韓国の人に対してだけで、どうも日本の人に対してははっきりNOとは言わないのです。

 彼女は韓国語と日本語のバイリンガルですが、コミュニケーションの方法までバイリンガルのようなのです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、日本語講師

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

藏重優姫の記事

もっと見る