メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

切れ味鋭し、前川喜平氏

10月10日(水) 正午から昼食会を兼ねて、琉球フォーラムがスタート。用意してきたパワポも一応チェックを済ませて万全の態勢だったはずだが、本番になって映像が固まってしまった。終わり頃、大工哲弘夫妻がわざわざ会場に駆けつけてくださった。誠に申し訳ない限りだ。

 夕方、沖縄在住のジャーナリスト、マスコミ関係者らが集まって定期的に続けている勉強会。ここに顔を出す。28人の参加者。今回は、「スマホでドキュメンタリー制作」がテーマ。畏友の大盛伸二さんがヒューマンアカデミーの教え子さんとともにスマホで作ったドキュメンタリー作品を立て続けにみる。大盛作品をみただけで、スマホだけでここまでできるのかと驚嘆。僕は包容力のない人間なので、まともに学生さんたちの作品を論評してしまった。だめだなあ、猛省。懇親会。

 結局、今週の「報道特集」は「終わらないもりかけ」でやることになった。前川喜平氏に話をうかがうことにする。

10月11日(木) 13時過ぎの便で羽田に戻る。一旦帰宅して局に。18時から前川喜平氏のインタビュー。加計孝太郎理事長の記者会見について。前川氏の見解は、加計氏は

・・・ログインして読む
(残り:約1389文字/本文:約3387文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『抗うニュースキャスター』(かもがわ出版)、『漂流キャスター日誌』(七つ森書館)、『筑紫哲也『NEWS23』とその時代』(講談社)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

金平茂紀の記事

もっと見る