メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「ベルサイユのばら」と日本国憲法

エンタメ を楽しみながら、日本国憲法のエッセンスを体得する(1)

内山宙 弁護士

憲法の公布原本(複製)に記された、戦争放棄をうたう第9条の条文(左)=東京・国立公文書館拡大憲法の公布原本(複製)に記された、戦争放棄をうたう第9条の条文(左)=東京・国立公文書館

小難しい勉強はしなくてもいい

 ここ数年、「憲法改正」というキーワードが世間を騒がせています。そういうのを小難しく解説するものが世の中にはたくさんありますが、私は、そういった小難しい話をするつもりは全くありません。それどころか、エンタメの話をします。

 なぜか?エンタメ作品を題材に、憲法を学ぶことができ、さらに日常生活の大変さを乗り越えるヒントが得られると考えているからです。憲法は、眉間にしわを寄せて机に向かって学ぶよりも、エンタメ作品を楽しみながら、気づいたら自然と体得できていたというくらいがいいのです。

エンタメ作品で憲法が学べる

 そもそも憲法は、何か聖典のようなものがあり、それを研究することで生まれてきたものではなく、人が生きていく過程でぶつかった壁を乗り越えようとするドラマの中から、生まれてきたものです。

 勝手に課税されるという壁を乗り越えようと、イギリスから独立したのがアメリカでした。そのときにつくられた「独立宣言」の人民主権の考え方は、アメリカ憲法に引き継がれました。フランスも、絶え間ない戦争や浪費による財政赤字と課税問題から革命が起こりました。その際につくられた「人権宣言」は国民主権や権力分立などを規定。その精神はフランス憲法に盛り込まれます。奴隷の解放や公民権運動も差別されて苦しんでいた人たちが、それを乗り越えようと努力し、アメリカ憲法の修正につながりました。そこには必ずドラマがあります。

「ベルサイユのばら」©池田理代子プロダクション
拡大「ベルサイユのばら」©池田理代子プロダクション
 一方、エンタメ作品がエンタメとして成立するためには、登場人物が何か制約を課せられていたり、壁にぶつかったりしないと盛り上がりがなく、平板なストーリーになってしまいます。ですから、何か壁を設定して、それを乗り越えていくストーリーを仕立てる。そこにドラマが生まれて、感動します。

 もちろん、制約とか壁は作品によって様々です。それは、人権侵害であったり(イジメも立派な人権侵害です)、専制政治であったり(上司や先生のパワハラも専制政治の一種です)、権力の濫用(チームのリーダーの独断専行も権力の濫用にほかなりません)だったりします。たとえば、時代劇で、悪代官が正義の味方に成敗されるのも、権力の濫用をどうやって食い止めるかという視点で見ると、実に憲法的なお話です。

 つまり、エンタメ作品で主人公たちが壁を乗り越えていくための“武器”を、憲法や人権の問題として捉えることも可能なのです。そうした目でエンタメをあらためて見てみると、優れた作品の中には、憲法的な要素がかなりあることが分かります。

 これを使わない手はない。エンタメ作品を楽しみながら、憲法の理念や思想について学んじゃえ。それがこの連載「エンタメ de 憲法」のコンセプトです。

 なお、ネタバレについては、記事の最後に注意点を書いています。基本的には過去の有名な作品を取り上げていきますので、もうご覧になっている方が多いと思います。ネタバレは嫌という人は、今すぐそのエンタメ作品を見て、その後すぐにこの記事を読むようにしてください。

 では、はじめましょう。第一回で取り上げるエンタメは、池田理代子先生のあの名作「ベルサイユのばら」です。


関連記事

筆者

内山宙

内山宙(うちやま・ひろし) 弁護士

1974年、愛知県生まれ。中央大学法学部卒、成蹊大学法科大学院修了。裁判所勤務の傍ら夜間の法科大学院に通い、2007年司法試験合格。08年弁護士登録(静岡県弁護士会)。静岡県弁護士会・憲法委員会委員、日弁連・法科大学院センター委員。エンタメ作品を題材とした憲法の講演を多数回開催している。著書に『これでわかった!超訳特定秘密保護法』(岩波書店・共著)、小説『未来ダイアリー もしも、自民党改憲草案が実現したら?』(金曜日)などがある。