メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(10)

第3章 漢字語読みの「密かな法則」

市川速水 朝日新聞編集委員

 その「法則」を改めて確認してみましょう。

(1)日本語で「ん」と読む時には韓国語の「ング」にはなりにくく「ヌ」「ム」が多い。
(2)日本語で「い」「う」が語尾にくる時には韓国語の「ング」になることが多い。
(3)韓国語で「ム」になるのは、たいがいが日本語読みの「ん」の時だが、「ん」が「ヌ」になる言葉ほど多くない。

(1)の例
安、案(あん)→안(アヌ) 恩(おん)→은(ウヌ)
健(けん)→건(コヌ) 珍(ちん)→진(チヌ)
韓(かん)→한(ハヌ) 天(てん)→천(チョヌ)
金(きん)→김、금(キム、クム) 参(さん)→참(チャム)
感(かん)→감(カム) 点(てん)→점(チョム)
店(てん)→점(チョム) 南(なん)→남(ナム) 男(だん・なん)→남(ナム)
*例外  瓶(びん)→병(ビョング)
(2)の例
名(めい)→명(ミョング) 命(めい)→명(ミョング)
令(れい)→령(リョング) 慶(けい)→경(キョング)
寧(ねい)→녕(ニョング) 生(せい、しょう)→생(セング)
京(きょう)→경(キョング)
(3)の例=(1)の例と一部ダブります。
感(かん)→감(カム)  検(けん)→검(コム) 林(りん)→림 임(リム、イム)
三(さん)→삼(サム) 沈(ちん)→침(チム)

 習っていなくても読める漢字語が続々と手に入ります!

 さあ、今回の「とどめ」です。流し読みした方も、もう飽きた方も、ここからはどうぞ真剣に。これまでに羅列してきた漢字語を見ながら気がついた方が多いのではないかと思いますが、これらの法則をさらに細かく見てみると、「つくり」「へん」「発音」に共通点がある漢字同士は、韓国語の世界でも同じ読みをすることが多いのです。

 これは今、こう書いていても少しこんがらがるのですが。例を示しましょう。

 たとえば「方」と「訪」。日本語で両方とも「ほう」と読み、つくりも「方」で同じです。

 韓国語だと、ふたつとも방(パング)と読みます。

 次に「問」と「門」。日本語では、どちらも「もん」。韓国語では、どちらも문(ムン)なのです。
「動」と「働」。日本語音読みは「どう」。韓国語はいずれも동(トング)。

 ついでに東と棟(とう)も동(トング)。

 さらに、「同」と「動」は同じつくりやへんではないけれど読み方は「どう」。すると、韓国語も同じ「동トング」というわけです。園と円(えん)も形が違う「えん」なのに、いずれも원(ウォン)と読みます。

 どうです、不思議でしょう? この妙な法則は、言葉の「親」である中国語で似た読みをする漢字に集中しています。その流れで日韓の言葉も大きな影響を受けたのでしょう。

 さあ、このいろいろな法則を掛け合わせるとどうなるのか。習っていなくても読める漢字語が続々と手に入ることになるのです。

 例えば、「訪問」をどう言うか。こう発想します。

・・・ログインして読む
(残り:約2843文字/本文:約6034文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る