メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

連合は与党陣営へ。新宿区長選でも負けた野党共闘

沖縄以外で勝てない野党共闘。結束して掲げる大きな旗印が不可欠だ

山下剛 朝日新聞記者

拡大新宿の高層ビル群=2017年9月18日

「東京の中心」で惨敗

 「野党共闘」にまた一つ、黒星がついた。

 11月11日に投開票された新宿区長選で敗れた。自民党、公明党が推薦する現職と、立憲民主党、共産党、自由党、社民党などが支持する新顔との一騎打ちの構図で、ダブルスコアの大敗北だった。

 野党共闘は、沖縄でこそ沖縄県知事選、豊見城(とみぐすく)市長選、那覇市長選と連勝したが、その波は全国に広がっていない。

 沖縄県知事選と同じ9月30日に投開票された品川区長選には保守系の元都議を、そして10月28日には新潟市長選には31歳の前市議を擁立したのだが、ともに敗れた。そのふたつの選挙については「沖縄で勝ち、品川で負けた。野党共闘の課題は?」と「野党共闘の31歳が新潟で敗れ沖縄の連勝は止まった」を参照していただきたい。

 そして今回の新宿区長選での敗北。首都・東京で、連敗である。

 東京都庁がそびえる新宿区は「乗降客数世界一」とされる新宿駅があり、いわば「東京の中心」だ。衆院選ではその大部分が東京1区に含まれ、自民党の与謝野馨氏と民主党の海江田万里氏が長く議席を争ってきた激戦区として知られる。

 新宿区長選は、品川区長選と並び、来年の参院選に向け、野党共闘の真価、特に都市部での実力が問われる選挙であった。

 野党はなぜ、都心の区長選で勝てないのか。この二つの「野党共闘」に共通するのは、野党最大の支持団体・連合が自民党の推す現職についたことだ。

 実は「野党共闘」は成立していなかったのである。

 衆参両院で野党第一党となり安倍政権への対決姿勢を強める立憲民主党と、連合の影響を強く受けて安倍政権と対話を探り共産党とは距離を置く国民民主党との溝が、首都・東京の区長選で露見したともいえる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山下剛

山下剛(やました・ごう) 朝日新聞記者

1999年、朝日新聞入社。高知、京都総局、大阪社会部を経て、2008年から政治部。首相官邸や自民党、民主党を担当し、第2次政権発足前の安倍晋三首相の番記者などを務める。2013年に世論調査部に移り、世論調査や選挙の情勢調査、出口調査に携わる。2016年からは地域報道部。

山下剛の記事

もっと見る