メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

マクロンとトランプの関係悪化は夫婦げんかか?

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

パリで開かれた第1次大戦終結100周年記念行事に出席したマクロン仏大統領(右)、メルケル独首相(中央)、トランプ米大統領(左)=2018年11月11日、パリ(AP)拡大パリで開かれた第1次大戦終結100周年記念行事に出席したマクロン仏大統領(右)、メルケル独首相(中央)、トランプ米大統領(左)=2018年11月11日、パリ(AP)

米仏関係悪化と大騒ぎだが……

 トランプ米大統領がツイッターでマクロン仏大大統領を攻撃、米仏関係が悪化して大騒ぎだ。ただ、実は両国は一度も交戦したことのない“永遠の同盟国”。アメリカがフランスに不満、不平を抱いての罵詈(ばり)雑言も今に始まったことではない。今回の関係悪化も一種の「イヌも食わない夫婦げんか」の感じがしないでもないが、実態はいかに。

 「米国とフランスは同盟国だったし、今後も同盟国であるべきだし、他の事は聞きたくないし、ツイッターに答えるつもりはない」

 マクロンは11月14日の仏テレビとの会見でこう答え、トランプの一連のツイッター攻撃をかわした。

発端は「欧州軍」創設構想

 11月11日の第1次世界大戦の休戦記念日100周年式典に出席のためにフランスを訪れたトランプは、訪仏前の9日にまず、マクロン提案の「欧州軍」創設構想を、「侮辱的な話」と非難。「欧州は北大西洋条約機構(NATO)に公平な分担を支払うことが先決事項」と指摘した。帰国後の13日にも、マクロンの「低支持率(26%)」や仏の「高失業率」をあげつらい、仏ワインの貿易慣行は「不公正」と攻撃を続けた。

 マクロンは「欧州は、中国、ロシア、米国から自らを守る必要がある」として「欧州軍」創設構想をぶち上げ、トランプの逆鱗(げきりん)に触れたわけだが、TV会見では、「『欧州軍』の目的は、仏独中軸の統合欧州としての戦略的自衛」と弁明。「(米国を含む)他国に頼らずに我々が自衛するため」と述べ、米国などの他国が、欧州のためにいつも戦うとは限らないと指摘した。

 マクロンが11日の式典で行った「ナショナリズム」批判も、トランプは自分の「米国一国主義」を批判されていると受け取り、癇にさわったようだが、多分、式典におけるマクロンの演説全体に苛立(いらだ)ったに違いない。同日午後にあったパリ市内での「平和に関するパリ・フォーラム」をすっぽかして、予定外のパリ郊外の米兵墓地を訪問した。ただ、これには、前日にパリから約100㌔のベローの森の米兵墓地訪問を、「悪天候でヘリが飛ばない」との理由でドタキャンし、米メディアから非難轟々(ごうごう)だったことへの埋め合わせの意味もあったらしい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る