メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(14)

第4章 必要な「固有語」と「音変化」 4.中級、上級に進むために

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大韓国で最も知られる日本の女優の一人、中山美穂さん。1999年、韓国である日本語を流行させました

「読める」「書ける」を優先し、「話せる」を後回しにしてきました

 アンニョンハシムニカ!

 前回は予定のちょうど中間地点でした。一番難しい部分を突破しました。「読む」に関しては、すでにかなり進歩しているはずです。

 私自身も嫌になるほど音変化の様々なパターンを羅列しました。次回からは助詞の使い方などを経て、いよいよ「話す・書く・聞く」ための仕上げに向かいます。今回はその間の「踊り場」のようなものだと考えてください。「読み飛ばし可」の巻です。

 この講座の基本概念(偉そうな…)は「通じりゃいいじゃん!」です。言ってみれば、「中級をすっ飛ばして初級と上級を同時並行的に食い散らかす」方法でした。いま、改めて「韓国語習得の王道」について考えてみたいと思います。

 韓国語の留学はだいたい次のように進みます。もちろん大学や語学学校ごとに独自のテキストを使っていますので、細部の違いはありますが、おおむねということで。

初級(1級)=ハングルをひととおり書けるように。道を聞かれた時に「まっすぐ」「右側に」「銀行」など簡単な答えを言えるように。固有数字など数の数え方。
初級(2級)=友達同士の会話(くだけた口語)がある程度できるように。「~だって」「誰々が~と言っていました」と伝聞調、間接話法をある程度話せて理解できるように。
中級(3級)=2級をさらに深めていく。
中級(4級)=新聞を読んで簡単な記事を理解する。仲間や先生と少し難しい会話ができるように。
…… …… ……  ここまでで日常会話OKレベル  …… …… ……
上級(5級)=4級をさらに深めていく。随筆や小説の一節など長文をなめらかに読めて理解できるように。クイズのような遊びや討論もできるように。
上級(6級)=難しい論文や詩、新聞記事を深く理解できるように。
…… …… …… これで「語学」の基本は極めたレベル …… ……

 各クラスとも、家庭での会話、友人同士、会社での上司と部下の会話、食堂での注文など、場面を設定して韓国の文化や慣習も学べるような工夫がされています。歌や芝居の発表会を通じて様々なジャンルの言葉・文化を学び、「サムルノリ」(韓国の田楽風の器楽・踊り)といった伝統文化を習うこともできます。

 この「にわかん」では、5、6級のある程度の知識(主に漢字語)と1、2級での初歩を同時に進め、ほかの語学であれば真っ先に取り組むべきであろう「文法」や「発音」「語彙」については「日本とほぼ同じ」と知らんぷりして可能な限り省いてきました。「読める」「書ける」を優先し、「話せる」を後回しにしながらやってきたわけです。

 固有語ややわらかい言い方はさらに後回しにしましたので、語学学校でいうと、2~4級が最後の関門となります。

 言葉というのはゴールがありません。新聞記者をしていても、日本語を相手にしているのに、「なぜ自分はこの歳になるまでこの単語の本当の意味を知らなかったのだろう」と愕然とすることがあります。

 言葉を学ぶのにはゴールがないわけですから、中間点もありません。それぞれの心の中に「このあたりまでは到達したい」というのがゴールで、その半分が中間点といえるのではないでしょうか。

 私の場合は何度かふれましたが、ゴールとは「長く話していてもストレスを感じず気楽に過ごせる」「分からない時にうまくごまかし、何がどう分からないかを別な言い方で確認できるかどうか」ということになります。

 そして何よりも、「言葉を通じて韓国の文化や韓国人の考え方が自分の体に染み入ってくる喜び」を感じることがゴールです。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る