メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

韓国で暮らす日本の子どもたちが萎縮しないために

下校した娘が聞いてきた。「日本って昔韓国に悪いことしたん?」。さて、どうする!?

藏重優姫 韓国舞踊講師、日本語講師

娘が日帝時代のことでいじめられたら…

 しかし、娘が1年生の時、学校から帰ってきて私にこう聞いたことがあるんです。

「なあ、日本って、昔韓国に悪いことしたん?」

 一瞬絶句しながらも、「来たな」と思いました。動揺している姿は見せたくないと思い、「うん、そうやで」と、とりあえず即答。それから、ゆっくり土地政策事業、創氏改名、強制連行など簡単な言葉でざっくりと話しました。

 娘にとっても私にとっても、両国のルーツを否定するだとか、無かったことにするだとかということは、自身のアイデンティティを築き上げていく上で、結局は良い方法ではありません。

 ですので、歴史問題を娘に語る時、「罪を憎んで人を憎まず」を心がけます。悪いことをしたという事実は認識させつつも、とにかく言葉を選びながら、人がそうなる背景についても考える必要を促します。ま、今の娘を見る限りどこまで通じているかは定かではありませんが、ことあるごとに背景を見るように説明します。構造的に捉えるようにと。

 それから、2年生、3年生になって担任が変わる度、私は担任に娘の背景を知らせる手紙を書いてきましたが、今年、娘が4年生になる時は、もっと手紙が長くなりました。小学校4年からはそろそろ歴史教育も始まると聞いていたからです。

「歴史教育については賛成だが、娘がそのことのために友達から何か言われるようなことがあれば、それは担任が責任を持って解決してほしい」

 私は手紙にそう書きました。そして、春の個人面談の時には、もう一度私の口から娘の背景を説明し、また歴史教育の重要性も重々認識していると伝えた上で、「それと個人攻撃は別物であり、もしそんなことがあった時は、先生は学級の子どもたちにさらに色々と説明し、個人攻撃は意味の無いこと、なぜ悪いことなのかをしっかり教える必要が出てきますよね」と釘まで刺しました。

 見れば、先生は私よりずっと年下だったんです。ここは上下関係を大切にする韓国ですので、年上という立場が私を後押ししてくれているようで、思い切って話すことができました。

 先生が神妙に聞いておられたのがとても印象的です。知ればとても良い先生で、何事もなく4年生が終わろうとしている今、わざわざ釘をさす必要も無かったのかもしれません。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、日本語講師

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

藏重優姫の記事

もっと見る