メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

政局を呼ぶ「選挙の亥年」が始まった

選挙の「惑星直列」の年は波乱必至。衆参ダブル選挙は?

山下剛 朝日新聞記者

拡大

12年前は安倍退陣、24年前は新進党躍進

 2019年が幕を開けた。今年は、4年に一度の統一地方選挙と3年に一度の参議院選挙が重なる、いわば選挙の「惑星直列」の年だ。

 この12年に1度の亥年の選挙で何が起きるのか。過去の例を振り返ると、亥年の選挙は政局を生んでいることがよくわかる。

 12年前の2007年は安倍晋三首相の第1次政権だった。この年の参院選で自民党が歴史的惨敗を喫し、安倍首相はその後、退陣に追い込まれた。そして、衆院と参院とで多数派が異なる「ねじれ国会」が幕を開けた。

 さらに、24年前の1995年は自民党、社会党、新党さきがけの3党連立政権の村山富市首相だ。参院選で自社さ3党は過半数を維持したものの、前年に結党したばかりの新進党が改選議席を倍増させたほか、比例区で第一党となり、大躍進した。

 そして、36年前の1983年。中曽根康弘首相の自民は6月の参院選で安定多数を確保したものの、ロッキード事件の判決を受けた12月の衆院選(ロッキード選挙)で過半数割れに追い込まれた。自民は選挙後、新自由クラブと連立している。

 なぜ亥年の選挙は政局を呼ぶのか。

 統一地方選で地方議員が疲弊してしまい、続く参院選で動きが悪くなる。このため、比較的堅固な地方組織を持つ自民といえども、思わぬ苦戦を強いられることがあると言われてきた。

 2019年にはどんな政局が待っているだろうか。噂されている衆参同日選(ダブル選)はあるだろうか。今年予定されている選挙の情勢から、政局を占ってみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山下剛

山下剛(やました・ごう) 朝日新聞記者

1999年、朝日新聞入社。高知、京都総局、大阪社会部を経て、2008年から政治部。首相官邸や自民党、民主党を担当し、第2次政権発足前の安倍晋三首相の番記者などを務める。2013年に世論調査部に移り、世論調査や選挙の情勢調査、出口調査に携わる。2016年からは地域報道部。

山下剛の記事

もっと見る