メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

小泉進次郎氏が語るポスト平成の老後のかたち

ポスト平成を担う政治家が描く22世紀を見据えた新しい社会モデル(中)

小泉進次郎 自民党衆院議員

 今年4月以降に届く「ねんきん定期便」()のスタイルが、変わる。人生100年時代に、新しい社会モデルを模索する小泉進次郎さんが先頭に立ち、「全面改定とも言える見直し」にこぎつけた。人生後半の生き方に大きくかかわる年金は、一人ひとりの老後のかたちに直結する。「非常に大きな第一歩」と言うけれど、書類の形式を変えるだけで、ちょっと大げさすぎませんか。(聞き手・伊藤裕香子  朝日新聞論説委員)

小泉進次郎さん=2018年12月17日、東京・永田町拡大小泉進次郎さん=2018年12月17日、東京・永田町

大事な情報がなかったねんきん定期便

――小泉さん自身はこれまで、自分あてのねんきん定期便には、しっかり目を通してきたのですか。

小泉 正直言って、読む気はしなかったですね。「これが定期便か」と思い、きちんと保険料を納めているかを確認するくらいで、終わりでした。いま自分が一番伝えたい「60歳で年金を受け取るなら3割カット、70歳からなら42%アップ」なんて、どこにも書いてない。いちばん大事な情報のはずなのですが。

――どうして「42%アップ」が、大事なのですか。

小泉 60~70歳の間の何歳から年金を受け取るかは、自分で選べるんです。でも、これまでは十分に伝え切れていませんでした。70歳からの受給を選ぶと、65歳で受け取るのに比べて1.42倍、最大で42%の金額になります。現在は、70歳からの受給を選ぶのは1%ほどの方だけ。しくみを知られていないからでしょう。

注・ねんきん定期便
日本年金機構から毎年1回、自分の誕生月に、国民年金や厚生年金の加入者にはがきや封書で送られてくるもの。加入記録の確認などができる。自民党厚生労働部会の国民起点プロジェクトチームが、2019年4月以降について内容を見直した。35歳、45歳、59歳にくる封書には「大切なお知らせ 受給開始を繰り下げると年金は増額できます。70歳で最大42%UP」と書いたチラシを同封する。
http://shinjiro.info/181211_nenkinteikibin1.pdf


筆者

小泉進次郎

小泉進次郎(こいずみ・しんじろう) 自民党衆院議員

1981年、神奈川県横須賀市生まれ。自民党が政権を失った2009年の衆院選で、神奈川11区から立候補して初当選。当選4回。復興政務官、党農林部会長、党筆頭副幹事長を経験。2018年10月から、党厚生労働部会長。選挙となれば、全国を遊説で駆けめぐる。超党派の議員で国会改革をめざす「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」や、落語文化の振興をめざす「落語を楽しみ、学ぶ国会議員の会(落語議員連盟)」にも名を連ねる。父は小泉純一郎元首相。