メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

禁じ手「自社さ」村山政権の意義と限界

平成政治の興亡 私が見た権力者たち(7)

星浩 政治ジャーナリスト

東京・浅草の鷲(おおとり)神社の酉の市の縁起物、トンちゃん人形をあしらった熊手を贈られ、「票をごっそり集めたい」と喜ぶ村山富市首相=1994年11月5日、 東京・永田町の社会党本部で 
拡大東京・浅草の鷲(おおとり)神社の酉の市の縁起物、トンちゃん人形をあしらった熊手を贈られ、「票をごっそり集めたい」と喜ぶ村山富市首相=1994年11月5日、 東京・永田町の社会党本部で

自民・社会・さきがけの連立政権が発足

 1994(平成6)年6月29日夜の衆院本会議で首相に指名された村山富市・社会党委員長は、翌30日未明に河野洋平・自民党総裁、武村正義・新党さきがけ代表と党首会談を開き、自民・社会・さきがけの連立政権発足を確認した。いわゆる「自社さ」政権である。

自社さ連立の村山富市内閣で運輸相に起用された亀井静香氏=1994年6月30日、永田町拡大自社さ連立の村山富市内閣で運輸相に起用された亀井静香氏=1994年6月30日、永田町
 30日には新内閣の閣僚が決定する。外相に河野氏、蔵相に武村氏が就いたほか、内閣の要の官房長官には社会党から五十嵐広三氏が就任。村山氏の側近だった社会党の野坂浩賢氏は建設相に起用された。

 自民党からは橋本龍太郎氏が通産相に就いたほか、野中広務氏が自治相、亀井静香氏が運輸相に抜擢(ばってき)された。野中、亀井両氏の入閣について、村山首相を側近として支えた田中秀征・新党さきがけ代表代行は、こう語っている。

 「二人はいわゆる〝武闘派〟です。村山内閣では彼らの助けが大きかったと思います。仏さんの両隣に、仁王さんが控えているという印象でしたね。それに歴史観が共通していたことも大きかった」(注1 田中秀征 2018)

温厚だが芯の強さを感じる村山富市氏

 村山氏は当時70歳。大分県で自治労の職員を経て、大分県議などを務めた。1972年に社会党から衆院議員に初当選。国会では社会労働委員会を中心に社会保障問題に取り組み、国会対策委員長を経て、93年に委員長に就いた。もともとは社会党右派だったが、小選挙区の導入に慎重論を唱えたことなどから「左派」とみられるようになった。

 私は村山氏が国会対策委員長のころから取材するようになったが、温厚な中にも芯の強さを感じる政治家だった。戦争体験者として戦後民主主義の大切さを説くときの熱っぽさを鮮明に覚えている。「戦争だけは絶対にやってはいかん。それを伝えることが私たちの世代の責任じゃ」が口癖だった。

 野党に転落した自民党の政権復帰願望と、小選挙区導入を控えて生き残りに不安があった社会党の窮余の策。そこに小沢一郎・新生党代表幹事への反発が重なって生まれた「自社さ」の村山政権だが、政権運営の経験が重なるにつれて、「中道・リベラル」の性格を強めていく。

注1  田中秀征『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日新聞出版)P208

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

星浩の記事

もっと見る