メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(19)

第6章 「日本語力」で上達する 1.しりとり・連想ゲーム

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大日韓合作テレビドラマ「フレンズ」のヒロイン、深田恭子さん。2002年に両国で上映され、観光地やレストランもふんだんに紹介されました

単語カードをめくって覚えるやり方は、すごく遠回りで忘れやすい

 アンニョンハセヨ!

 日本語の語彙力を韓国語にどう活かすか。近道はないだろうか。五里霧中で他人のアドバイスもあまり頭に入らず、様々な失敗をした経験からずっと考えてきました。

 これまでの第1章~第4章の要点を思い出してください。

 日本語と同じ意味の漢字語が多い、漢字の読みは一つ。日本語の音読みとも共通点が多い。これらを踏まえると、「日本語のXは韓国語でYという」、あるいは「韓国語のYはこういう意味」という英語的な覚え方、いってみれば単語カードをめくって覚えるやり方は、すごく遠回りで忘れやすいことが分かったことと思います。

 韓国語の場合は、「日本語のXは韓国語でX’ではないだろうか」と予想し、もし違っていたら、なぜ違うのかを考えて納得し、その覚えた言葉を未知の言葉の推測にまた応用していくのが効率的です。もちろん日常会話的には助詞もあるし語尾が変化する、形容詞の形が変わるなど完成した文章や会話には行き着くにはいくつかの関門があります。

 ただ、あらゆる言語習得にいえることですが、語彙を増やすことが飛躍の秘訣です。「うまく話したい」という願いは願いとして少し後回しにしても、日本語力をフル回転させてみましょう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る