メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(20)

第6章 「日本語力」で上達する 2:外来語は日本より多用?

市川速水 朝日新聞編集委員

外来語の発音パターンを覚えましょう!

 韓国語の外来語発音の特徴にはいくつかのパターンがあるので日本語と比較してみます。

(1)英語の「a」のうち特にアとエの間のア(æ=アップルの「ア」のような…)は、日本語のカタカナ表記では「ア」だが、韓国語では「エ」
・Hamburger 日・ハンバーガー 韓・ヘムボゴ=햄버거
*「m」の音は韓国の方が忠実ですね。
・Kangaroo 日・カンガルー  韓・ケングゴル=캥거루

(2) 英語の「er」「u」「ur」は、日本語のカタカナ表記は「ア」「アー」が多いが、韓国語では「オ」になりがち
・Burger  日・バーガー   韓・ボゴ  버거
・Bus   日・バス     韓・ボス  버스

(3)英語の「o」「i」「u」は日本語も韓国語も「オ」「イ」「ウ」が多い。
・ E-mail  日・メール 韓・イメイル 이메일
・ Open 日・オープン 韓・オプヌ 오픈

(4)「F」は日本では「ハ行」か「ファ行」だが、韓国では「ㅍp」(パ行)に
・Fax   日・ファクス   韓・ペクス=팩스
・Fan(愛好者、羽根) 日・ファン    韓・ペヌ=팬
・Café   日・カフェ    韓・ッカッペ 카페
「フランス」→「プラングス」 「ワイフ」→「ワイプ」
「ゴルフ」→「コルプ」です。

(5) 語尾など言い方そのものや意味が違う語がある
ファイト!→パイティング!=파이팅!(応援する時の「ファイト!」です)
キラー=(キルロ、킬러)*好きでたまらないこと。「マニア」的なこと
カリスマ=(カリスマ、카리스마)
*日本は良くも悪くも「ビッグ」な感じがありますが、韓国ではけっこう日常的に使います。「雰囲気を醸し出している人」「尊敬できる」という感じでしょうか。
ほかに、食事処「第一ガーデン」を「ガドゥン」と発音するように、gardenのような「~en」の場合、本場の英語の発音に近い表記になります。

拡大プルコギで有名な食事処「チェイル・ガドゥン」。「第一ガーデン」です。この外来語が今回のポイントです

 ここで注意点をいくつか。第4章で習った「連音化」がここで使われると、戸惑うこともあるでしょう。「インターネットが」という時に、인터넷のパッチム「ㅅ」と「이(が)」が連音化して、「イントネシ」となるからです。

 また、例えば「アップグレード」は「업그레이드」と外来語として定着していますが、(グレード、段階、質を上げるという意味ですね)「アップグレードする、させる」という時には、「~시키다(シッキダ、命じる、させる)」という言葉を後に続けます。

ちょっと寄り道㉜ 困った外来語
 外来語だけで1話を独立させて詳しくやりたいと思ったのには理由があります。私自身、日本語と共通だと甘く考えていて、実際に痛い目に何度もあったからです。
 韓国語の先生との待ち合わせ場所は、たいてい駅の近くの喫茶店やハンバーガーショップでした。
一番最初、「ケエプシで待っててください」と言われたので面食らいました。ケンタッキーフライドチキンだったのです。私は日本では「ケンタ」と言っていましたが、韓国ではみんな「KFC」でした。その発音が「ケ・エプ・シ」なのです。「F」を「エプ」と発音するし、音引きがないので、そう聞こえたのですね。このように、発音が違うし、言い方の習慣まで分からないと待ち合わせもおっかなびっくりです。関西の人がマクドナルドを「マクド」と言いますが、マクドとマックの違いどころではありません。
 待ち合わせ場所に限って外来語だらけです。さらに「??」だったのが「ボゴキン」です。日本にもある「バーガーキング」なのですが、Burger Kingが読みの習慣でこんな発音になってしまうのです。
 一番びっくりした外来語は、マッカーサー将軍でしょうか。
 朝鮮戦争で韓国側が北朝鮮側に攻めたてられた時に上陸し、押し戻した救世主として日本以上に知られています。「MacArthur」ですね。これが「メガド(맥아더)」となるのです。なぜかというと、韓国語の世界では外来語をハングルに直す時、全体の発音を似せるというより、分解して過去の例(=規則)に合わせます。Macはマクドナルドの最初と一緒なので맥(メク)となり、Arthurの「Ar」は「ア」、「th」は「ダ行」で発音します。「メク・ア・ド」が連音化して、さらに「ク」が文中なので濁って(=有音化)、まとめると「メガド」になってしまうというわけです。
 同じような原理で英国首相だった「サッチャー(Thatcher)」は「テッチョ(대처)」となります。
ファストフード(fastfood)は「ペスットゥプドゥ(패스트푸드)」となります。
 簡単だと思っていた外来語も「要警戒」でした。

拡大読めますか?「ホットドッグ」。「ハットク」と聞こえます。チーズがアメリカンドッグ様の皮に包まれ買い食い客に大人気。でも、ごみの散乱が問題になっています

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

市川速水の記事

もっと見る