メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

興奮しない日韓関係

変わる韓国、変わらぬ日本。「常識の違い」が固定化した今、どう向き合えば良いのか

市川速水 朝日新聞編集委員

 

拡大韓国の康京和外相(右)と握手する河野太郎外相=2019年1月23日、スイス・ダボス

韓国に極端に冷淡な日本人

 日本人が韓国に抱くイメージが世界でいかに特殊なものか。1月22日、韓国の政府機関・海外文化広報院がまとめた「国家イメージ調査」で、改めて浮き彫りになった。アジアだけでなく豪州、中東、欧州、アメリカ大陸の合わせて16カ国、8000人からオンラインで2018年秋に聞いたものだ。

 例えば韓国のイメージを「肯定的に評価する」か「普通」か「否定的」か。2018年にあった平昌オリンピックや南北首脳会談がイメージを変えたかどうか。数項目の質問に対し、日本人の回答だけが韓国に極端に冷淡な数字を出し、日本以外の国は、なだらかな違いはあっても大筋で似ていることが分かった。

 韓国のイメージに関しては、外国人全体の80%が肯定的、つまり好感を持っているのに、日本だけを見ると韓国に肯定的イメージを持つ人は20%にとどまり、「否定的」が43%。唯一、否定的イメージが肯定的を上回った。

 2018年平昌冬季オリンピックが、韓国のイメージに「どう影響を与えたか」という質問でも、日本以外の国は61~94%が「良い方向に」影響を与えたと答える一方で、日本だけが24%にとどまった。むしろ「否定的な影響」が23%と突出して高かった。五輪開催が「何の影響も与えない」が52%と、これも飛び抜けて高い割合を示した。

 南北首脳会談の影響も、日本は「否定的影響」が28%に上り、他国がほぼ全面的に好感して「否定的」が0~3%しかなかったのに比べてかけ離れている。さらに、調査国でただひとつ、否定的な影響が肯定的(24%)を上回ったのも特徴だ。

 他国は韓国の文化(韓流)やスポーツ、政治イベントが好感度に結びつきやすいが、日本人が抱く「悪いイメージ」は、少々のイベントでは揺るがない。むしろ、さらに悪い方向に受け取られやすいことを意味している。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る