メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

29時間で身につく「にわか韓国語講座」(22)

第6章 「日本語力」で上達する 4.「差し上げる」「召し上がる」丁寧語や謙譲語

市川速水 朝日新聞編集委員

母上が……

 さて、敬語の話を続けます。相手がしてくれるのは주다(チュダ、ジュダ)。「チュセヨ(ください)」はよく知られていますよね。

 自分からするのは드리다(トゥリダ)です。区別しましょう。日本語と同様、「して(差し)あげる」のと「していただく」のは違う言葉になります。

例:「この資料はいただけるものですか?」「ええ、差し上げるものですよ」
「이 자료는 주실 거에요? 」「네, 드릴 거에요」

 韓国特有の、助詞の敬語的表現もあります。「께서」や「께」です。

 어머님께서(オモニムケソ)=母上が

 …というと大げさですが、実際は「母が」と一緒です。 ・・・ログインして読む
(残り:約3290文字/本文:約5880文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


関連記事

筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る