メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

故郷の味を通して考えた難民問題

安田菜津紀さん連載関連イベント、100人が参加し真摯に語り合う

竪場勝司 WEBRONZA編集部員

拡大会場では連載の写真も映し出された(写真はいずれも吉永考宏撮影)

 フォトジャーナリストの安田菜津紀さんがWEBRONZAで執筆している連載「記憶を宿す故郷の味―日本で生きる難民の人々―」の関連イベントが、1月31日に開催されました。日本で暮らす難民の人々が置かれた状況などについて話し合うトークセッションに続き、参加者のみなさんが難民の方の故郷の味を楽しみながら懇親を深めました。

食文化を通して難民問題を考える

拡大安田菜津紀さん
 外国での取材経験も豊富な安田さんから「日本に逃れてきた難民の方々がどういう日常を送っているのか、豊かな食文化があふれている故郷をどうして離れなければいけなかったのか。食を通して記憶をたどっていく連載を書いてみたい」と提案があり、2018年7月に全面的にサイトをリニューアルしたWEBRONZA編集部の「目玉企画が欲しい」との要望とも合致して、9月から連載が始まりました。

 毎月1回の連載では,安田さんが撮影した難民の方の故郷の料理を大きく掲載してきました。思わずお腹が鳴るような、おいしそうな写真が並びます。これまで、シリア、カメルーン、ネパール、バングラデシュ、ミャンマーの料理を取り上げてきました。

 日本に逃れてくるまでの状況は、それぞれに厳しいものがあり、日本で難民認定を受けるまでの苦労も並大抵のものではありません。ネパール出身のケーシーさんの場合は、日本で路上生活も経験し、交通費がないため、入国管理局まで片道6~7時間かけて歩いて通ったこともあったといいます。難民の人々にとって、日本語の言葉の壁は高く、困難を抱えながら日本語の習得に努力する姿も描かれています。連載には、日本で暮らす難民の相談活動などに取り組んでいる民間の認定NPO法人・難民支援協会の全面的な協力を得ています。

 今回のイベントは、日本で暮らす難民の方々の状況を多くの人に知ってもらい、「故郷の味」を楽しんでもらうことで五感を通してこの問題を考えてほしいとの思いから、企画されました。

 当日は強い雨の降るあいにくの天候でしたが、会場のパルシステム東京新宿本部会議室には約100人の参加者が集まりました。


筆者

竪場勝司

竪場勝司(たてば・かつじ) WEBRONZA編集部員

1982年、朝日新聞入社。名古屋社会部次長、岐阜総局長、ゼネラルマネジャー補佐、デジタル担当補佐などを経て、2016年3月からWEBRONZA編集部員。