メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

統計不正を国会で糺す!公文書改竄を忘れるな!

官僚に過剰に忖度させる現政権の体質を引き続き厳しく追及していく

小川淳也 衆議院議員

疑わしい経済実態を検証せず、消費税を引きあげるのか

 このような疑いのある経済実態の中で、詳しく検証もせずに、また躊躇せず、今年、消費税を引き上げるという政治判断に傾くべきなのでしょうか。

・・・ログインして読む
(残り:約239文字/本文:約4004文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小川淳也

小川淳也(おがわ・じゅんや) 衆議院議員

1971年香川県高松市生まれ。衆議院議員5期目。立憲民主党・無所属フォーラム幹事長特別補佐。高松高校、東京大学法学部卒業。1994年自治省入省。沖縄県庁、自治体国際化協会ロンドン事務所、春日井市役所などを経て、2003年民主党より香川県第1区にて立候補するも惜敗。2005年初当選。2009年総務大臣政務官、2017年民進党役員室長。著書に『日本改革原案 2050年成熟国家への道』(光文社)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

小川淳也の記事

もっと見る