メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「嵐は民主主義」で決まった活動休止

個人を尊重しつつ、みんなが納得できる結論に至るプロセスから見えてくるもの

内山宙 弁護士

嵐のコンサートチケットにあたるよう願う絵馬をおさめたファン。活動休止に向け、フィーバーが続きそうだ=2019年2月3日、福岡県糸島市拡大嵐のコンサートチケットにあたるよう願う絵馬をおさめたファン。活動休止に向け、フィーバーが続きそうだ=2019年2月3日、福岡県糸島市

活動休止にファンは大ショック

 先日、突然、ジャニーズの5人組人気アイドルグループ「嵐」が活動休止するというニュースが飛び込んできました。嵐ファンの方はものすごいショックを受けているようです。知り合いの嵐ファンに聞くと、嵐の出ている番組を見たり、嵐の話題を耳にしたりするのがツラい、と言います。

 もちろん、嵐なんか興味ないよという方もいらっしゃるとは思います。ただ、ファンでなくても、このところ毎年暮れには嵐メンバーの誰かが紅白歌合戦の司会をしていますし、多くの番組やCMに出演し、認知度の高いグループの活動休止ということ自体には、驚かれた方も少なくないと思います。

 私も、身近に嵐ファンがいるため、ここ数年、嵐の「冠番組」は欠かさず見ていたので最初は驚きましたが、記者会見を見て、メンバーたちが語るその理由を聞いて、ちょっと納得しました。

きっかけは大野さんの「思い」

 きっかけは、リーダーの大野智さんが、自由な生活をしてみたい、芸能界を一度離れてみて、今まで見たことのない景色を見て見たい、普通の生活をしてみたいと思い始めたこと。大野さんは2017年6月中旬、他のメンバーに集まってもらい、自らの思いを打ち明けます。そこから何度も話し合いを重ねて、2018年6月頃に、2020年末で活動を休止するという方針が決まったそうです。

 大野さんといえば、圧倒的な歌唱力とダンステクニックで嵐のパフォーマンスの中心である一方、絵の才能があり、個展も開く芸術家肌で知られています。釣りも好きなようで、好きなことに孤独に打ち込むタイプに感じられます。嵐が結成された当初は、辞めたいと思っていたこともあるようです。

 そんな大野さんが、結成20年の節目を迎えるにあたり、一度、自由になってみたいと思ったのも、無理はないと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

内山宙

内山宙(うちやま・ひろし) 弁護士

1974年、愛知県生まれ。中央大学法学部卒、成蹊大学法科大学院修了。裁判所勤務の傍ら夜間の法科大学院に通い、2007年司法試験合格。08年弁護士登録(静岡県弁護士会)。静岡県弁護士会・憲法委員会委員、日弁連・法科大学院センター委員。エンタメ作品を題材とした憲法の講演を多数回開催している。著書に『これでわかった!超訳特定秘密保護法』(岩波書店・共著)、小説『未来ダイアリー もしも、自民党改憲草案が実現したら?』(金曜日)などがある。

内山宙の記事

もっと見る