メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

韓国の美容室は近所のことを何でも知っている!

異文化を受け入れる秘訣は「心の余裕」です

藏重優姫 韓国舞踊講師、日本語講師

 在日のアイデンティティの形成にはいくつか特徴があると思うのですが、その中の一つに、「日本人ではない」という否定、そして、母国修学など韓国を訪れた人に多いことですが、「現地の韓国人でもない」という「否定」など、「否定」の過程の中で形成される場合があります。

 ですので、その場合、自分の出自の認識が否定的なものから始まりやすい。とてもかいつまんで言いましたが、何にせよ、否定的なアイデンティティを肯定的なものに変化させるには、まず自分の置かれた立場を受け入れる「受諾」という過程を通らなくてはいけません(「日本人よ、韓国人よ、在日コリアンよ、私は私だ!」参照)。

 開き直ることも時には出発点になるでしょう。しかし、この受諾には「心の余裕」が不可欠です。

 今回は、私がハマっている韓国の美容室文化をご紹介しながら、「心の余裕」の無かった私の留学時代など、お話ししたいと思います。

拡大ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com

日韓のヘアスタイルの好みはずいぶん違う

 海外で美容室に行くにはなかなか勇気がいるというものです。その土地独自の流行やシステムがありますから。

 私たちが良いなあと思うヘアスタイルもよく考えると、小さい頃からテレビ、雑誌、道ですれ違う人など、日々の暮らしの中で目にするイメージが蓄積され、知らず知らずのうちに作られてきたものと言えそうです。

 韓国の女の子は言います。「日本の男の子は、どうしてワックスを使うの?ヘン!」

 日本の女の子は言います。「韓国の男の子は、なんで前髪でおでこを隠すの?ヘン!」

 自分の慣れ親しんだ「好み」は、違いに対する違和感や疑問へと繋がっていきます。日本の美容学校で勉強した韓国人の美容師さんに言わせると、韓国ではボリュームのあるヘアスタイル(重い感じ)が好まれ、日本では髪をすいて軽く見せるのが好まれるらしく、全然違うということです。

 そう言えば、こちらで滞在している日本マダムたちからも時々「どこどこの美容室に日本で勉強してきた美容師さんがいるよ!」などの情報が有難がられて飛び交うのを見ると、みんな慣れ親しんだ日本風のヘアスタイルを探しているのでしょう。

 5年前、韓国に移住してきた当時は、日本風に切ってくれそうな、ソウルのイケてそうな美容室を色々と回ったものです。お会計の度に目玉が飛び出るような思いをしましたが、高額を支払っているので、思うようになった!と自分に言い聞かせる。

 そうは言っても、高額ばかり払ってもいられませんので、現在は、家の目の前の美容室に通っています。そこは、近所に住む人たちが気軽に利用する美容室。まさに地元の気軽さ。でもこの「気軽さ」は日本でのそれとは相当違います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、日本語講師

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

藏重優姫の記事

もっと見る