メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

DV被害で3日に1人女性が死亡するフランス

理由の多くは男性の「嫉妬」。3月8日国際女性デーで「男女平等」が叫ばれるのに……

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

 wavebreakmedia/shutterstock.com拡大 wavebreakmedia/shutterstock.com

女性はやはり「弱き者」なのか

 3月8日は「国際女性デー」。今年も世界中で「男女平等」が声高に叫ばれた。

 だが、実態はどうだろう。依然として女性は、やはり「弱き者」を感じさせる現実が世の中には満ちている。

 たとえば日本。千葉の小学4年の心愛さんが、父親による虐待で死亡した事件では、母親が夫の家庭内暴力(DV)を回避するために、虐待を傍観し、虐待の“共犯者”になった可能性が指摘されている。

 私が住むフランスでも、夫、あるいは同居人や元カレにDVを受けて「3日に1人が死亡」という衝撃的な数字が発表された。「2017年度のDVによる死者は107人」(仏内務省)というデータもある。この数字は女性の犠牲者だけだが、子供25人、男性16人の犠牲者数と比べ、ずば抜けて多い。2016年は女性犠牲者が123人だったので、「改善された」(同)と関係者は多少、愁眉(しゅうび)を開いているが、それでいいの、と疑問が募る。

 ちなみにマルレーヌ・シアッパ首相付き男女平等・差別対策担当副大臣によると、今年はすでに新年から2月末までに、30人がDVで殺害されており、楽観は許されない状況だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る