メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小沢一郎、金融国会の悔恨

(4)民主党が政局回避した98年、小沢一郎はひたすら自民党との決戦を唱えていた

佐藤章 ジャーナリスト、慶應義塾大学非常勤講師、五月書房新社編集委員会委員長

拡大日本記者クラブ主催の討論会で議論を交わす民主党の菅直人首相(手前)と小沢一郎前幹事長=2010年9月2日

小沢一郎と菅直人の因縁

 ヘーゲルを思い出したマルクスは有名な歴史書の冒頭で、史上の出来事は「二度現れる」と言っている。「一度は悲劇として、二度目は茶番として」とまで記しているが、たしかに因縁というものはありそうだ。現代日本政治を振り返る者は、「一度は岸信介として、二度目は安倍晋三として」と指折る向きもあるだろうし、直近で言えば「一度は2007年の参院選自民党惨敗として、二度目は2019年参院選として」と語る者も出るかもしれない。

 2007年参院選での自民党大敗が第一次政権時代の安倍晋三首相を退陣に追い込み、2009年の民主党政権の誕生につながった。

 しかし、この政権交代の11年前にも、実は野党勢力が政権に近づいた時があった。菅直人が党代表に就いていた旧民主党、そして小沢一郎が率いていた旧自由党などの野党勢力だった。政権を眼前にして一度は離れ、そしてもう一度協力して政権を獲得した菅直人と小沢一郎の間にも因縁といったものがあるのかもしれない。

 20世紀も終わりに近づいた1997年から98年にかけて、日本経済が未曾有の金融危機に直面していたこの時期、政権の座にあった自民党は旧態依然とした銀行界の「護送船団」方式に囚われてほとんど打つ手がなかった。金融システム維持のための新しい政策を構想したのは、民主党の枝野幸男や自民党の石原伸晃ら「政策新人類」と呼ばれた若手国会議員たちだった。

 銀行が次々に金融大流砂にのみ込まれていく危機の中で、1998年7月参院選が告示され、自民党は単独過半数割れに追い込まれた。橋本龍太郎首相は退陣し、代わって小渕恵三首相が就任したが、新金融法案を掲げた民主党や自由党など野党側の勢いが強く、小渕内閣に不信任案が出された場合、政権交代もありうるのではないか、と予測されていた。

 しかし、この時、民主党の菅直人と自由党の小沢一郎の考えはまるで違うところにあった。このあたりの経緯には私も少し絡んでおり、因縁話めいた目撃談を語っておこう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト、慶應義塾大学非常勤講師、五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

佐藤章の記事

もっと見る