メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

“離婚を勧める女”が参院議員になって困ったコト

元参院議員・円より子が見た面白すぎる政治の世界② 石原慎太郎氏の切実な挨拶

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

円より子さん(中央)が主宰していた「ニコニコ離婚講座」には毎回、多くの女性たちが参加していた=1988年10月拡大円より子さん(中央)が主宰する「ニコニコ離婚講座」には毎回、多くの女性たちが参加していた=1988年10月

小池さんを「厚化粧の女」と言った石原慎太郎さん

 2016年の夏。東京都知事選の真っ最中、自民党候補の支援集会での演説で、対立候補だった小池百合子(現都知事)さんのことを「厚化粧の女」と言ったのは、石原慎太郎元東京都知事だ。

 「生まれつき顔にアザがあるから、ちょっと化粧が濃くなるのよ」と小池さんはサラッとかわしていたが、石原さんという人は「三国人」発言や、「ババアは世の中に不要だ」という女性蔑視の発言など、平気で差別的な言辞を弄する。

 この知事選では、石原さんの息子である石原伸晃さんとも、小池さんはバトルを繰り広げている。自民党都連会長だった伸晃さんは、小池さんが都知事選に出たいと話したとき、小池さんに「公認」を与えなかった。

 そんな因縁もあり、小池さんが2017年秋に希望の党を立ち上げた際、仮に本人が出馬をするなら、伸晃さんの地盤の東京8区(杉並区)から出る気だったという話を聞いたことがある。石原父子への対抗心、伸晃さんを倒す気持ちがありありだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

円より子の記事

もっと見る