メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

移民当事者だから見える多様化後進国・日本の実情

4月にスタートする外国人労働者の受け入れ拡大は前途多難

T.W.カン 国際経営コンサルタント グローバル・シナージー・アソシエツ代表

pikepicture/shutterstock.com拡大pikepicture/shutterstock.com

政府閉鎖、非常事態宣言……対立続くアメリカ

 アメリカのトランプ大統領が選挙公約を果たすため、メキシコとの国境に「壁」を増強するための予算に固執したため、昨年暮れから政府の一部機関が1カ月以上閉鎖された。筆者もサンフランシスコ空港に到着した際、長蛇の列に遭遇した。

 その後、辛うじて再度の政府閉鎖は免れたものの、トランプ大統領は非常事態宣言を発するなど、2020年の大統領選に向けてアメリカ国内では対立が続いている。

 この「壁」に関する綱引きの主役は、共和党のトランプ氏と民主党のペロシ下院議長である。ちなみにペロシ氏は、進歩的な気風が強いサンフランシスコ選出の議員だ。

「移民の国」米国に漂う移民への不安感

ホワイトハウスで非常事態宣言をするトランプ米大統領=2019年2月15日拡大ホワイトハウスで非常事態宣言をするトランプ米大統領=2019年2月15日
 「移民の国」であるアメリカが、国境に「壁」を築き、不法移民が対象とはいえ、人の流入を阻止しようと大騒ぎしている。なぜ、こうなってしまったのか?要因として考えられるのは、保守的な白人の間に漂う「不安感」であろう。

 最近、米メディア界の長老で、長年看板キャスターをつとめたトム・ブロコウ氏が日曜日の評論番組で「ブラウン・ベビー(茶色い赤ちゃん)を孫に欲しいとは思わないと言う人もいる」と発言し、ウェブで炎上。謝罪するはめになった。アメリカにおいて、多数であったはずの白人が過半数を下回る可能性に対する違和感の現れであろうか。

 また、トランプ氏が壁を増強する根拠のひとつに挙げた、中米を中心に活動するギャング・グループMS-13をテレビがドキュメンタリーで取り上げた。仲間にならない者や標的にされた者を森の中でナイフや小型の斧で殺す凶悪なMS-13は、いまやニューヨーク・ロングアイランドにも住み着いているという。移民が増えると犯罪も増加するという保守の危機感が透けてみえる。

 一方、ペロシ氏の地盤、サンフランシスコ・ベイ・エリアに目を転じると、すでに白人は少数派になっている。最近話題のGAFA (Google, Amazon, Facebook,Apple)のような企業体では、インド、中国、中東など出身の社員が机を並べ、シリコン・バレーの中華料理店には英語では注文できないところもある。また、メキシコからの不法移民がいなくなれば、建設現場などまわらなくなることは、数年前の不法移民大量摘発の際のストライキの影響からも住民はよく知っている。

 移民に対する不安。移民なしでは成り立たない社会。いずれも、永年、多様化に向き合ってきたアメリカの実態だとあらためて感じる。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

T.W.カン

T.W.カン 国際経営コンサルタント グローバル・シナージー・アソシエツ代表

1957年生まれ。日本の一部上場企業を含む日米中企業の社外取締役を歴任。トップ半導体メーカー、インテルの本社では戦略、製品企画、マーケテイング分野で活躍、インテル・ジャパンではシステム本部長を勤めた。東京で移民の家庭に生まれ育つ。高等教育をアメリカのMITとハーバード・ビジネス・スクールで受ける。すなわち日米両国で移民としての定住経験を持つ。異文化比較や国際戦略に関する著書を英語、日本語、韓国語で出版。NHK、CNN、KBSにコメンテーターとして出演。JETRO(日本貿易振興機構)の外国派遣事業に有識者として協力、ロシア、中央アジア、インドなどを歴訪し、理事長感謝状を受ける。日本外国人特派員協会会員。