メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

黄色いベストとブラック・ブロックの危険な関係

暴力至上主義者との共同戦線で暴動化。「パリ炎上」で支持を失うパリのデモ

山口 昌子 在フランス・ジャーナリスト

sebos/shutterstock.com拡大sebos/shutterstock.com

自滅に向かう「黄色いベスト」

 「黄色いベスト」が自滅に向かいつつある。

 3月16日の18回目デモは「パリ集中」「マクロンへの最後通牒」をかけ声に、パリ・シャンゼリゼ大通りで、老舗カフェや有名ブティックはもとより、新聞・雑誌が所狭しと並ぶキオスクまでもが放火、略奪されるという「過去最悪」の事態になった。暴動化の背後には、「黄色いベスト」の一部リーダーが手を組んだ暴力集団「ブロック・ブロック」の存在がある。

 暴動を予知、防備しなかったとして、パリ警視総監も更迭された。昨秋の発足当時は国民の高支持を得ていたが、暴力化と政治化によって、すでに支持率激減だったが、今回の「パリ炎上」で、「黄色いベスト」離れに、さらに拍車がかかりそうだ。

名画の舞台の老舗カフェに放火

 シャンゼリゼ大通りの老舗カフェ「フーケツ」は、名画「凱旋門」の舞台になったことで知られるが、凱旋門や地下鉄の駅にも近く、週末は観光客に交じってパリっ子らが立ち寄る人気カフェ兼レストランだ。サルコジ元大統領が当選の夜、祝宴を開いたことでも知られる。建物の一部は超高級ホテルだ。

 そのカフェがデモ隊の襲撃で放火され、半焼した。周囲の有名ブティックや大手銀行の支店が入っている建物なども軒並みに放火され、略奪された。

 パリ市内の被害は約90件にのぼる。新聞社の特派員時代に毎日、立ち寄ったシャンゼリゼ大通りのキオスクは2件とも全焼だ。胸が痛い。

 なぜ、キオスクなのか?。デモ隊が標榜する、デモも含めた「表現の自由」のシンボルを放火することに、どんな意味があるのか。「黄色いベスト」の「暴力化」と「政治化」、さらに「反ユダヤ主義」への批判を強めているメディアに対する復讐のつもりで、その象徴的存在としてキオスクを襲撃したのか。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在フランス・ジャーナリスト

産経新聞パリ支局長を1990年から2011年までつとめる。著書に『ドゴールのいるフランス』(河出書房新社)、『フランス人の不思議な頭の中』(KADOKAWA)、『原発大国フランスからの警告』(ワニブックスPLUS新書)、『フランス流テロとの戦い方』(ワニブックスPLUS新書)、『ココ・シャネルの真実』(講談社+α新書)、『パリの福澤諭吉』(中央公論新社)など。ボーン・上田記念国際記者賞、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。

山口 昌子の記事

もっと見る