メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[40]マリーモンドが「反日ビジネス」で盛況?

伊東順子 フリーライター・翻訳業

マリーモンド拡大マリーモンドジャパンの公式サイトより

マリーモンドとは?

 新しさという点では、1のスマホケースだ。こちらがマリーモンド社の製品である。美しい花柄のモチーフはスマホケースだけでなく、ノートやボールペンなどの文房具やファッション雑貨などにも使用されている。1月末、このブランドのエコバッグをもっていた女性が、会社からバッグの使用を禁止されたことが、日韓のメディアで報道された。経過については、「韓国人空港スタッフへの『慰安婦支援ブランド禁止』令。企業はどこまで縛れるのか」という記事に詳しく書かれている。

 記事によれば、「1月に入って、スタッフがマリーモンドのバッグを持っているのを見た社外の人物から『慰安婦支援のブランドではないか』などの指摘があったのがきっかけだったという」とある。

 「モーニングショー」が「反日ビジネス」の筆頭にこのマリーモンド社をあげたのも、「慰安婦問題」との関連である。番組は「マリーモンド=元従軍慰安婦支援=反日」という捉え方のようだ。韓国ではどうなのだろう? マリーモンドはどんなイメージなのだろう? ・・・ログインして読む
(残り:約1914文字/本文:約3237文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊東順子

伊東順子(いとう・じゅんこ) フリーライター・翻訳業

愛知県豊橋市生まれ。1990年に渡韓。著書に『もう日本を気にしなくなった韓国人』(洋泉社新書y)、『ピビンバの国の女性たち』(講談社文庫)等。

伊東順子の記事

もっと見る