メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

韓国・済州島、71年後の「4.3事件」

文在寅政権下で広く注目されるようになった島民虐殺事件。4月3日を前に島を訪れた

市川速水 朝日新聞編集委員

島民が官憲に虐殺された71年前の事件に脚光

 久しぶりに3月末、韓国・済州島(チェジュド)を訪れた。幹線道路や公園、大学路に連なる桜はちょうど満開。甘い香りに包まれていた。

 日本の対馬よりも南方にあり、中国の上海や韓国の釜山、光州にもほど近い。カジノも大型ホテルもあり、いまは街中が中国人であふれている。

 リゾート地には違いないが、戦中・戦後の歴史をひもとけば、なお71年前の大きな傷は癒えず、韓国という国にとって、今はアジアの観光地として飛躍させる地であるだけでなく、政治の「リトマス試験紙」のような政権の性格を映す存在にもなっている。

 同じリゾート地の沖縄と雰囲気が少し違うのは、島全体が楕円形で、真ん中に漢拏山(ハルラサン)という韓国最高峰の山がそびえていることだ。

 島そのものが火山活動でできたため、全体が溶岩で黒っぽく、風が強くて時々痛いほど。昔から漁などで働く元気な女性も多いことから、女、石、風の三つが際立って多いという意味で「三多島」とも呼ばれてきた。

拡大済州島特有の守り神「トルハルバン」。「石の爺さん」という意味で、街のあちこちで会える
 だがもう一つ、圧倒的に目を奪うのは、山から四方八方、海岸に向かって広がる密林だ。

 第2次大戦末期には、日本軍が米軍と徹底抗戦を繰り広げるために隠れて陣地をつくった。そして71年前の「4.3事件」、つまり官憲が島民を虐殺した事件でも、この密林のなかで悲劇が繰り広げられた。

 この事件の背景や、悲劇が次の悲劇を呼んで虐殺が拡大していった経緯は、相当複雑だ。

 日本統治の島が日本の敗戦を機にすっぽり空白になり、島は米軍の統治下へと移る。北緯38度線を挟んで米ソがにらみ合う中で、島民はアイデンティティーを奪われたままだった。

 米ソが膠着するなかで、南北互いが建国に向けて動き出す。南北分断したまま単独で大統領選挙をするべきか、半島統一を堅持すべきか、人々の立場も分かれ、デモや集会が頻発した。

 南側の体制を批判する若者中心の「武装隊」がゲリラ的に蜂起したことをきっかけに、警察などによる復讐的な大討伐が始まった。大韓民国樹立後、政府は軍兵力による鎮圧に踏み切り、島に戒厳令が出された。

 さらに朝鮮戦争が起こると、刑務所の服役者も殺された。虐殺は7年間余に及び、女性や子どもも巻き添えになった。犠牲者は全島で2万5000人から3万人に及ぶとされる。全島民の1割以上に上ったのだった。

 さらに悲惨だったのは、この事件が長い間、北朝鮮と対峙する韓国軍事政権が「共産主義者による暴動」と烙印を押したためタブー視され、被害者や遺族ですら事件を口にできない時代が半世紀続いたことだった。

 今回、島を訪れた目的の一つは、そんな半世紀の沈黙を破り、最近、急速に光を浴びてきた4.3事件の象徴を見ることだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る