メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

寂しかった日本新党の解党。私は議員失職の危機?

松崎哲久さんが日本新党除名処分の無効を求めた訴訟のあおりであわや……

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

国が上告を決定。日本新党も上告に参加することになり記者会見。円(中央)の左が梶谷剛弁護士。右端が菅田文明弁護士=1994年12月9日拡大国が上告を決定。日本新党も上告に参加することになり記者会見。円(中央)の左が梶谷剛弁護士=1994年12月9日(筆者提供)

最初の参院選で落選したが……

 1992年細川さんに誘われて日本新党の結党に参加したものの、私は直後にあった7月の参院選で落選している。比例名簿1位の細川護熙氏、2位の小池百合子氏、3位の寺沢芳男氏、4位の武田邦太郎氏の4人が当選し、7位だった私は入らなかったのだ。(参考「強姦罪の審議でおじさん議員が放った有り難いヤジ」

 しかし、私はまったく落胆していなかった。当選するなんて、はなから考えていなかったからだ。

 だが、彼は違った。

激しく落ち込んだ松崎哲久さん

1992年参院選で日本新党からは4人が当選した。左から寺沢芳雄さん、武田邦太郎さん、細川護煕さん、小池百合子さん=1992年7月27日拡大1992年参院選で日本新党からは4人が当選した。左から寺沢芳男さん、武田邦太郎さん、細川護煕さん、小池百合子さん=1992年7月27日
 参院選の投票が終わった1992年7月26日の夜8時、私は党本部のホールにいた。壇上では当選した細川さんら4人が、新聞やテレビ局の記者やカメラに囲まれ、インタビューを受けていた。

 その様子を眺めていると、5位に搭載されている松崎哲久さんが隣にきた。

 「円さん、よくそんな、あっけらかんとした顔で見てますね」
 「は?」
 「だってあなたの当落だってかかっているのに」
 「私?私は最初から当選するなんて思ってませんもの。日本新党に参加できて、これから日本を変えていくことに関われるだけでいいんですもの」
 「本当に欲の無い人ですね。じゃあ、私のことを考えて祈って下さいよ。もう少し票が伸びれば私が当選するんですから」

 なるほど、国会議員が増えれば、党のためにもなる。2人で祈ったが、最後の一人は残念ながら他党が取り、松崎さんの5位当選は夢と消えた。

 驚いたのは、彼の落ち込みぶりだった。まさに、見るにしのびない様子だった。

 この松崎さんと私は、2年後に因縁の裁判当事者となるが、その時点では知るよしもなかった。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

円より子の記事

もっと見る