メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

左遷?想定外の南スーダン赴任。野球はできるか 

野球人、アフリカをゆく(1)荷物の中から、あきらめて置いてきたはずのものが……

友成晋也 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

拡大飛行機から見た南スーダンの首都・ジュバの風景。アフリカの内陸国の乾燥地帯のわりに緑が多く、のどかな街並みに見えるが、独立以来8年間で二度、大規模な衝突が発生している

野球とアフリカの話を始めよう

 父とのキャッチボールが、野球を始めたきっかけだった。

 普段はしかめっ面をして息子に厳しい父が、浴衣姿でキャッチャーミットを持って座り、さあ、こいっ!と構える。キャッチボールの時だけに見せる柔和な笑顔。子供の頃はこの時間が宝物に思えた。

 10歳の時、小学校の野球チームに入り、毎日夢中になって白球を追う日々が始まった。以来、中学、高校、大学と野球部に入り、野球漬けの日々を送った。社会人になってすぐ、父を病気で亡くしたことがきっかけで、今、やりたいことをやろうと、真剣に草野球にのめり込んだ。

 社会人5年目の春、JICAに転職した。初めての海外勤務が、西アフリカのガーナ。ここで思いがけず野球チームと出会い、オリンピックに挑戦するナショナルチームの監督となった。これをきっかけに、仕事の傍ら「NPO法人アフリカ野球友の会」を立ち上げ、アフリカの国々と野球を通じた交流を始めた。2度目の海外勤務となったタンザニア在勤時代にも、野球の魅力を伝える活動に励んだ。

 そして今、私は南スーダンにいる。

 2011年に独立したばかりのこの国については、内戦とPKO、難民、といったネガティブワードが思い浮かぶ。最近発表された2018年度世界幸福度ランキングでは、堂々の世界ワースト第1位だ。

 さすがにこの国では、まさか野球なんてできないだろう。

 赴任した時は、そう覚悟した。

 しかし、そのまさかが起ころうとしている。

 南スーダンの実情はなかなか日本には伝わらない。私は、この国の等身大の姿を、いち野球人の視点でドキュメンタリーのように伝えていきたい。

 野球はアフリカに何をもたらしているのか。どんな意義があるのか。

 足掛け24年に及ぶアフリカとの野球を通じた交流、協力の経験を交えながら、論じていきたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

友成晋也

友成晋也(ともなり・しんや) 認定NPO法人アフリカ野球友の会 代表理事

中学、高校、大学と野球一筋。慶應義塾大学卒業後、リクルートコスモス社勤務を経てJICA(独立行政法人国際協力機構)に転職。1996年からのJICAガーナ事務所在勤時代に、仕事の傍らガーナ野球代表チーム監督に就任し、オリンピックを目指す。帰国後、2003年にNPO法人アフリカ野球友の会を立ち上げ、以来17年にわたり野球を通じた国際交流、協力をアフリカ8か国で展開。2014年には、タンザニアで二度目の代表監督に就任。2018年からJICA南スーダン事務所に勤務の傍ら、青少年野球チームを立ち上げ、指導を行っている。著書に『アフリカと白球』(文芸社)。

友成晋也の記事

もっと見る