メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

イチローにあげ損なった国民栄誉賞とデモクラシー

三島憲一 大阪大学名誉教授(ドイツ哲学、現代ドイツ政治)

国民栄誉賞を受賞し、安倍晋三首相(右)から盾を受け取る羽生結弦選手=2018年7月拡大国民栄誉賞を受賞した羽生結弦選手とのツーショットは典型的な政治のショービジネス化と言えるだろう

「英雄」たちのカリスマ性やオーラを借りる政治家たち

 では、なぜ政府は要所々々に、国民栄誉賞なるものを連発するのだろうか。答えはきわめて簡単で、「人気取り」である。これまでの受賞者には歌謡曲や映画関係の有名人もいるが、最近では圧倒的にスポーツが多い。囲碁将棋も勝負事である以上、スポーツの一種だ。羽生結弦、羽生善治、松井秀喜や長嶋茂雄。私みたいにヘボ将棋は指すが、碁のルールさえ知らない人間でも、メディアを通じて井山裕太という名前は流れ込んでくる。

 実際に、国民栄誉賞の授与式がテレビその他で大々的に流されると、授与する人とその党、つまり首相と自民党の支持率が上がるようだ。それまでは安倍首相も自民党も支持していなかった人が、あるいは元来は支持していたけど、モリカケなどでちょっと顔を背けていたかなりの数の人が、羽生善治や羽生結弦に表彰状が渡されるのを見て、支持に方向転換している、ということだろう。政治とはまったく無関係のショーやパフォーマンスで、相当数の人が選挙につながるかたちで意見を変えるというのだから、大変なことだ。

 その意味では「がっかり」という報道のある官邸中枢も、「ザマアミロ」と書き込む批判派も、国民を支持の道具にしている、操作可能な対象にしている、ようするにバカにしているという前提は同じだ。選挙は元来は目の前の相手を重視して、議論を戦わせるべきものなのだが。

 専門家が「象徴政治」と呼ぶ、こうした演出が安倍政権になってから目立つことはたしかだ。テレビ出演中のノーベル賞受賞者に電話をかけて「日本人の誇り」と絶叫する過剰演出からはじまって、トランプ大統領とのゴルフのシーンまで一連の「こっち見て」が思い出される。トランプとのゴルフには ・・・ログインして読む
(残り:約2750文字/本文:約4197文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

三島憲一

三島憲一(みしま・けんいち) 大阪大学名誉教授(ドイツ哲学、現代ドイツ政治)

大阪大学名誉教授。博士。1942年生まれ。専攻はドイツ哲学、現代ドイツ政治の思想史的検討。著書に『ニーチェ以後 思想史の呪縛を超えて』『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』『戦後ドイツ その知的歴史』、訳書にユルゲン・ハーバーマス『近代未完のプロジェクト』など。1987年、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞受賞、2001年、オイゲン・ウント・イルゼ・ザイボルト賞受賞。

三島憲一の記事

もっと見る