メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

令和への期待を盛んに報じるメディアが陥った陥穽

とにかく「明るい」ニュースの氾濫で何が報じられていないかに思いをいたそう

西田 亮介 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授

「政治ショー」をどうとらえるか?

新しい日本銀行券について説明する麻生太郎財務相=2019年4月9日、東京・霞が関拡大新しい日本銀行券について説明する麻生太郎財務相=2019年4月9日、東京・霞が関
 「国民生活への影響を最小限度に」と天皇が望んでいたはずの改元だが、新紙幣の図柄の公表、日本で初めてのG20首脳会談開催など、幾つかの「政治ショー」が重なっている。こうした政治ショーをわれわれはどのようにとらえればいいのだろうか。

 「たまたま」なのか、意図的か。 そもそも政治ショー化それ自体を批判する声もある。

 もちろん、ときの政権が、政策を分かりやすく示して周知をはかること、タイミングをみて施策を講じること自体は、非難されるべきものではない。また、政治ショー批判は道義的なものであり、もっと言えば、政治ショーかどうかも明確には割り切れない。

 だが、その一方で、現在の政治において、イベントとその日程、それに関する広報が専門性をもってデザインされているのも事実である。省庁再編とともに設置された政治任用の事務次官級ポストの内閣広報官と内閣広報室が中心となり、政府広報室も一体となった運用体制がつくられ、国際広報も含めて情報デザインは精緻(せいち)になる一方だ。

 現在の安倍晋三政権は選挙日程の管理と広報に明らかに長けている。この政権には、2000年代に小泉純一郎政権のもと、政府と党の広報に関する仕事を経験した人が、安倍首相を含めて多い。安倍首相は官房長官、官房副長官、自民党幹事長を歴任したが、小泉内閣が広報ツールとして導入した「官邸メールマガジン」の初代編集長は、当時の官房副長官だった安倍氏である。

 「たまたま」か否か(≒意図的かどうか)という問題に決着をつけるのは難しい。事実を列挙しながら、蓋然性を推測するしかない。ただ、政治ショーの背後に“プロ”の手が加わっている点は忘れるべきではない。

平成、令和の初めの共通点は夏の参院選

 昭和が終わったとき、平成の終わりに平成後の元号が、今のような空気感で公表されるとは、誰も想像しなかったであろう。

 思い返せば、バブル経済の渦中にありながら、昭和天皇の体調不良と崩御で自粛ムードが社会を覆っていた昭和の終わり(平成の始まり)と、平成の「失われた30年」の痕跡を色濃く残しながらも、東京五輪を翌年に控えて漠然とだが華やいだ雰囲気が漂う現在の経済や世相とは、対照的である。

 ただ、このふたつには共通点がある。いずれも夏に参院選が行われることだ。

1989年参院選。自民党の大敗に厳しい表情を見せる自民党の橋本龍太郎幹事長(中央)。非改選議席と合わせても参院の過半数を大きく割り込み、与野党の議席が逆転した=1989年7月23日拡大1989年参院選。自民党の大敗に厳しい表情を見せる自民党の橋本龍太郎幹事長(中央)。非改選議席と合わせても参院の過半数を大きく割り込み、与野党の議席が逆転した=1989年7月23日
 平成元年、つまり1989年は、第15回参院選が実施された年だった。この参院選で自民党は大敗を喫した。前年に発覚したリクルート事件で自民党の腐敗体質が問われたこと、やはり平成元年に導入された消費税に世間が厳しい目を向けたためだった。参議院で過半数割れに陥った自民党では、その後、政治改革をめぐり党内対立が激化、非自民連立政権の誕生と55年体制の終焉を迎える。

 令和元年の2019年夏には第25回参議院選挙が実施される。今年は、朝日新聞社の政治記者だった石川真澄が「亥年選挙」と名付けた、統一地方選挙と参院選が同時実施される年にあたる。相次ぐ選挙に組織が疲弊するため、組織への依存度が高い与党が議席を減らしがちだという経験的知見が、選挙の世界ではよく知られている。

 今年の参院選はどうか。統一地方選の結果や政党間の現状を見ると、野党は厳しい状況におかれている。地方組織の整備も進まないうえ、政党としての主張も明確ではなく、平成元年参院選の再来は容易ではなさそうだ。

 そうであるにもかかわらず、与党自民党では「安倍4選」がまことしやかに語られ、政権末期のレームダック化を避けるためか、与党は参院選に向けて引き締めを強めている。負の時代を繰り替えさないという政権の思惑が伺える。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

西田 亮介

西田 亮介(にしだ・りょうすけ) 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授

1983年生まれ。慶応義塾大学卒。同大学院政策・メディア研究科後期博士課程単位取得退学。博士(政策・メディア)。専門は情報社会論と公共政策。著書に『ネット選挙』(東洋経済新報社)、『メディアと自民党』(角川新書)、『マーケティング化する民主主義』(イースト新書)など。

西田 亮介の記事

もっと見る