メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

再逮捕前にインタビューに答える日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者=仏民放ニュース局LCIのホームページから拡大再逮捕前にインタビューに答える日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者=仏民放ニュース局LCIのホームページから

4月2日(火) 朝、テレビでテレ朝のモーニングショーをみていたら、東大の史料編纂所教授の本郷和人さんという学者が、令和について「令」で思い出すのは、論語の「巧言令色鮮シ仁」(こうげんれいしょくすくなしじん)という言葉ですとか、さらりと言っていた。この本郷さんという学者さんは本当にユニークで面白い。「国書の方がいいよねって言ったって、当時の知識人の教養は漢学であって、大体、元号ってもともと中国のものですよ」とか。いいなあ、こういう自由な精神の持ち主である学者さんは。

 午前中「報道特集」の定例会議。その後、新聞各紙の元号報道をさらりとチェックしてみる。どの新聞も基本的には新元号決定とその事実経過、意義を報じる無味乾燥の記事が多かった。朝日が第2社会面に内田樹のコメント、政治ショー化を批判したモデレートな談話。東京新聞は特報面で、「違和感あり 首相会見 『まるで所信表明』」と報じていた。そうしたなかで、信濃毎日新聞が今日の社説で、「新元号の決定 国民の存在はどこにある」とかなり痛烈に批判していることがわかった。「(元号は)首相の私物か?」。さすが桐生悠々のいた信濃毎日だ。テレビと違って活字メディアは多様な展開ができるはずなのだが、そうはなっていないのではないか。

新しい元号「令和」を伝える各紙号外拡大新しい元号「令和」を伝える各紙号外

 その後、横浜に移動。6月の集会のことでNさんらと打ち合わせ。いま一つ完全には趣旨が理解できない部分が残る。沖縄タイムス社の「新・わじわじー通信」のあとがきを書く。元号騒ぎについても触れることにする。表紙のデザインのことなど相談すべきこと多し。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る