メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

田中均氏が語る、外交における「政と官」

外務省は外交政策を立案するよりも単に下りてきた指示を実現する省となったのか

田中均 (株)日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長/元外務審議官

外務省は単に下りてきた指示を実現する省になったのか

 実質的成果を生まなくとも日本の国益を損なっている訳ではなく、首相が先頭に立って重要問題に取り組むという姿が国民の支持に繋がっている、日本の国際社会における地位も上がっている、と言われれば、それに異論を挟むものではない。首相の不断の尽力には敬意を表しなければならない。

 ただ、国際情勢は大きな曲がり角に来ており、

・・・ログインして読む
(残り:約714文字/本文:約3204文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中均

田中均(たなか・ひとし) (株)日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長/元外務審議官

1969年京都大学法学部卒業後、外務省入省。オックスフォード大学修士課程修了。北米局審議官(96-98)、在サンフランシスコ日本国総領事(98-2000)、経済局長(00-01)、アジア大洋州局長(01-02)を経て、2002年より政務担当外務審議官を務め、2005年8月退官。同年9月より(公財)日本国際交流センターシニア・フェロー、2010年10月に(株)日本総合研究所 国際戦略研究所理事長に就任。2006年4月より2018年3月まで東大公共政策大学院客員教授。著書に『見えない戦争』(中公新書ラクレ、2019年11月10日刊行)、『日本外交の挑戦』(角川新書、2015年)、『プロフェショナルの交渉力』(講談社、2009年)、『外交の力』(日本経済新聞出版社、2009年)など。2021年3月よりTwitter開始、毎日リアルタイムで発信中。(@TanakaDiplomat)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

田中均の記事

もっと見る