メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

平成の「国民歌」…それは「翼をください」

秘話とともに昭和に生まれ/平成の「癒やし」に育ち半世紀

市川速水 朝日新聞編集委員

拡大兵庫国体の開会式で「翼をください」を口ずさむ天皇・皇后両陛下=2006年9月30日

平成の「癒やしの歌」「心が弾む歌」

 平成の30年間で最も親しまれた曲はSMAPの「世界に一つだけの花」だった、と日本音楽著作権協会(JASRAC)が4月に発表した。正確にはCD売り上げのほか、配信やコンサート、カラオケなど使用に応じて作詞家、作曲家に分配された金額で比べたという。

 「オンリーワン」という歌詞は、没個性の風潮に抗(あらが)いたい、多様化の平成にふさわしいし、ヒット曲の鉄則である「明るさ」と「ノリの良さ」を兼ね備えている。平成時代と活動期間がそのまま一致するSMAPもまた、平成の象徴にふさわしい。

 では、平成に「癒やしの歌」「心が弾む歌」として変幻自在に歌い継がれた歌といったら?ランキングなどないようだが、流行歌を追い続け、還暦を間近にした私の体感では、トップはぶっちぎりで「翼をください」だろう。

 1970年、フォークグループ「赤い鳥」が世に出して以来、来年で半世紀になる。

 一人で歌っても、合唱しても、演奏しても、古くてとても新しい。音楽的にも秘密が詰まっている。

 平成で印象に残る場面がいくつもあった。新聞記事などから拾ってみると――。

・阪神大震災で被災した視覚障害者を支援する京都府城陽市のチャリティーコンサートで、視覚に障害があるバンドがこの曲を演奏した(1995年5月)
・サッカーのフランスW杯アジア予選で、この歌が日本チームの応援歌になった。「フランスに飛んで行きたい」という願いを込めて、W杯初出場を願うサポーターが自然発生的に歌い始めた(1997年10月)
・天皇・皇后両陛下が山形市の身体障害者施設を訪問。利用者たちが手話を交えてこの歌を歌って迎えた(2002年6月)
・大阪教育大付属池田小学校の児童らが殺傷された事件から1年後、大阪府豊中市で催された追悼集会で、8人の遺影を前に6年生がこの曲を演奏した(2002年6月)
・アメリカのイラク戦争に抗議し、平和を願う市民団体が、日曜日に鎌倉駅で行き交う人に歌で反戦を訴えた(2003年~)
・阪神大震災の復興をアピールする兵庫国体の開会式で、天皇陛下が「この大会が支援の手を差し伸べてきた全国の人々への感謝の気持ちを込めて開催されることは意義深いことと思います」と述べた。また、「翼」の合唱に合わせてお二人で口ずさんだ(2006年9月)
・北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの中学時代の同級生が、新潟市で開いたチャリティーコンサートでめぐみさんと合唱したことがあるこの歌を歌い、一日も早い救出への願いを込めた(2013年9月)
・東日本大震災から5年の「3.11」に、北九州市でも鎮魂の曲としてこの歌が選ばれ、地震発生時刻に500人が黙とうを捧げた後、合唱した(2016年3月)

 これらは、ほんの一握りにすぎない。私自身も、取材先の障害者施設や卒業式で「翼」を聴いたことが何度かある。仕事で悩んでいた時、市民音楽祭で特別支援学校の子供たちが舞台で演奏するのを聴いて、また頑張ろうと励まされたこともある。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

市川速水

市川速水(いちかわ・はやみ) 朝日新聞編集委員

1960年生まれ。一橋大学法学部卒。東京社会部、香港返還(1997年)時の香港特派員。ソウル支局長時代は北朝鮮の核疑惑をめぐる6者協議を取材。中国総局長(北京)時代には習近平国家主席(当時副主席)と会見。2016年9月から現職。著書に「皇室報道」、対談集「朝日vs.産経 ソウル発」(いずれも朝日新聞社)など。

市川速水の記事

もっと見る